アトピー・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内科(耳鼻科領域)

性病・泌尿器科

HOME ≫ 皮膚科 ≫ アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

強いかゆみや、湿疹などの不快感があります。症状が重くなってくると赤くただれてしまうこともあります。
アトピー性皮膚炎の明確な原因はまだ明らかになっていません。現在、様々な医者が研究をすすめています。
「アトピー」とは、ギリシャ語で「奇妙な」という意味です。過敏症の中でも、特別なタイプとして分類されています。研究では、アレルギーやハウスダスト、ダニ、スギ花粉などのアレルゲンが深く関係していることはわかっています。
また、遺伝性のものもあるとされていますが、これも明確ではありません。
悪化すると、夜眠れないくらいのかゆみを伴う場合が多いので、早めの皮膚科での受診をおすすめします。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因は研究の進歩はみられるものの、はっきりとはわかってないというのが現状です。
しかしアトピーの患者様に共通としてみられるのが皮膚のバリア機能の弱さです。

バリア機能の役割は、外部からの侵入物に対する防御と、皮膚組織に蓄えられている脂質や水分などの保湿力を維持するといったものです。
またアレルギーを起こしやすい体質も持っているということも加えて、遺伝的要因が原因であるということが一つです。
ほかには、バリア機能が低下することで皮膚組織のなかに細菌などの外敵も入りやすくなること、アレルギー反応を起こすアレルゲンの侵入が容易になります。
また汗などの直接的な刺激や、生活環境の中で生じるストレスや過労などによっても症状が悪化するということから、環境的なことも原因としてあげられます。

アトピー性皮膚炎の治療薬

アトピー性皮膚炎の治療薬は主に外用薬と内服薬を使用します。

外用薬

・ステロイド薬:ネリゾナ、アンテベート、リンデロンVGなど
・免疫抑制剤:プロトピック
・非ステロイド薬:アズノール、トバルジックなどが
・保湿剤:ヒルドイド、ビーソフテン、ウレパールなど

ステロイド薬は強さにより段階分けがされています。
免疫抑制剤も合わせて、患者様の患部の炎症状態に適応するものを選択します。一気に中止すると副作用が高まるといった点から正しい使用方法の見極めが重要です。
保湿剤は低下したバリア機能を補強する目的ですが、乾燥を抑えることでかゆみなどの症状を改善します。

内服薬

・抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬:アレジオン、アレグラ、アレロック、レスタミン、ポララミン、クラリチン、ビラノア、ザイザルなど
アレルゲンに反応すると、それを神経に伝達する物質が生まれますが、その一つがヒスタミンです。ヒスタミンの働きを抑えたり、阻害することで血管の拡張やかゆみなどを軽減していきます。

注射薬

アトピー性皮膚炎治療薬:デュピルマブ(当院では処方しておりません)
ステロイドや免疫抑制剤などに良い効果を生み出せないアトピーの病態もあり、軽快しない症状に落胆とストレスを抱える患者様もいます。
そういった症状が重い患者様に対し、2週間に1度の皮下注射によって投与します。
ステロイドとは違って、アトピーの発症過程で司令伝達部分に集中して作用させる薬剤です。
アトピー性皮膚炎の治療や薬の選択において簡単なものではなく、治療期間には患者様の生活の質にも大きく関わってくるものです。
時間をかけながら患者様と医師と十分に力を合わせていかなければなりません。

アトピーの年齢別の症状

◆ 幼児期(1歳~4歳)
頬や頭が赤くなり、表面にはかさぶたがつくようになります。
特に2歳ごろから皮膚の乾燥が激しくなる傾向です。

◆ 幼児期(4歳~小学校高学年)
皮膚全体が乾燥し、うなじ・額・肘・膝の内側の皮膚がざらざらし、かたくなってきます。激しいかゆみを伴うので、頻繁に引っかき傷ができ、じくじくするようになります。

◆ 思春期(小学校高学年~成人)
乾燥のため、皮膚全体がいっそうざらざらし、症状は酷くなります。

アトピーの検査

皮膚の状態、経過によって診断ができます。
血液検査では、アレルギーの原因となるダニやハウスダストなどへの抗体濃度を調べることができますが、アトピーの診断には要さないことが多いです。また、それらの血液検査は皮膚炎の直接的な悪化の原因にはならないことも多く、医師の問診による診断が基本となります。

アトピーの治療

外用薬と内服薬での治療が基本となります。

【塗り薬】
1日に数回、医師の指示により幹部につけてください。ステロイドでの治療が基本になりますが、不安のある方はご相談ください。
ステロイドは、危険性があると思われがちですが、医師の適切な指示を守ることによって高い効果が望める治療です。ステロイドにも5段階の強さがあり、皮膚の状態や患部によって使い分けることとなります。症状が改善されてきたら、徐々に弱いステロイドを塗ることになります。
医師の指示に正確に従うことで、危険性はほぼなくなります。

【内服薬】
基本的にかゆみ止めを処方します。
アトピー性皮膚炎の多くの患者さんは、かゆみにより睡眠障害をおこしてしまうので、状況によっては、睡眠導入剤を処方します。
また、漢方薬を処方する場合もあります。薬に不安のある方は、ご相談ください。

アトピー Q&A

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が、よくなったり悪くなったりを繰り返す皮膚疾患です。
多くの患者さんは、ドライスキンとアレルギーを起こしやすい体質を持っています。
アトピー性皮膚炎は、かつては赤ちゃんの病気で、2歳で半数の、10歳でさらにその半数の方が治り、20歳になるころにはほとんどの方が治る――と言われていましたが、実際にはその歳になっても治らなかったり、成人になって再発してしまったりします。
なお、現在、20歳以下の約10人に1人がアトピー性皮膚炎であると報告されています。

なぜ、アトピー性皮膚炎は起こるのですか?
アトピー性皮膚炎は、アトピー体質と言われる遺伝的にかゆみを起こしやすい体質の人が、様々なアレルゲン(アレルギーを起こす物質)の刺激によって起こる皮膚炎と考えられていますが、はっきりとした原因やメカニズムは十分には解明されていません。
フケのようなものが皮膚から剥がれ落ちるのですが、アトピー性皮膚炎ですか?
アトピー性皮膚炎に見られる皮膚の状態には、次のようなものがあります。
*乾燥:皮膚がカサカサと乾燥している
*鱗屑(りんせつ):フケのようなものが落ちる
*紅班(こうはん):赤く腫れる
*丘疹(きゅうしん):ブツブツと小さなドームに皮膚が盛り上がる
*痒疹(ようしん):少し大きなゴツゴツしたしこりができ、強いかゆみを伴う
*痂皮(かひ):かき壊してかさぶたができる
*水泡(すいほう):水ぶくれができる
*びらん:皮膚が薄くは剥がれて、ジクジクとただれる
*苔癬化(たいせんか):かき壊しを繰り返して、ゴワゴワと皮膚が厚く硬くなる
以上のように、アトピー性皮膚炎の見た目にはいろいろな状態がありますが、これらの症状は患者さんの年齢に関係することも知られています。
まず、1歳未満の赤ちゃんの場合は、初めは顔や頭に、だんだん全身に紅班や丘疹ができ、頭や眉毛に黄色いかさぶたのような湿疹ができます。
これらの症状は、一時的にはどの赤ちゃんにも見られる症状ですが、2カ月以上続く場合は、アトピー性皮膚炎の可能性があります。
次に、1歳~15歳のお子さんは、皮膚が全体に乾燥し、カサカサしてきます。
ひじやひざの裏側、首などには、あせものようなジクジクした発疹ができ、苔癬化してくることもあります。
16歳ごろからは、皮膚の苔癬化はさらに進みます。
顔の赤みや取れなくなったり、丘疹に交じってびらんができることもあります。
炎症の繰り返しにより、首などにさざ波上の色素沈着が起こることもあり、合併症として単純ヘルペスなどが生じることもあります。
アトピー性皮膚炎の診断にも検査が必要ですか?
アトピー性皮膚炎の発症や原因の一つに、皮膚に炎症を起こさせる原因物質の存在があります。
そこで、その原因物質を見つけるために血液検査や皮膚検査などを行うことがありますが、あくまで、診断の目安のために行われるにすぎません。

★★ アトピーお悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
日常生活で気をつける点を教えてください

(A)
衣類は清潔に保ち、お風呂では強く洗わないようにしてください。また、洋服の袖口など患部を刺激するようなデザインは控えてください。アトピー性皮膚炎は、強いかゆみを伴うので、ストレスがたまってしまう患者さんが多いのですが、そういった場合でも、どうぞ私たちドクターにご相談ください。アトピー治療は精神的安静を保つことも大切なのです。

【ドクターからの一言】
ニキビは、触ることにより毛穴の中で細菌が増殖し、感染をおこし「毛包炎」や「おでき」になってしまう可能性もあります、そのため、周囲の組織が破壊されて傷跡(色)が残ったり、瘢痕となったりします。
「たかがニキビ」と思わずに、皮膚科医の診察の下、治療していくことが大切なのです。

新宿駅前クリニック皮膚科では、予約不要で保険診療をおこなっております。ステロイドをむやみやたらに使用せず、皮膚の状態にあった治療をおこなっております。患者様のお気軽にご相談ください。

PAGE TOP