エイズ・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ| 耳鼻科 泌尿器科も対応

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

耳鼻咽喉科領域

性病・泌尿器科

HOME ≫ 性病・泌尿器科 ≫ エイズ

エイズ

HIVとは、いわゆる「エイズウイルス」のことで、「HIV」に感染すると「HIV感染者」となります。HIVに感染すると、体内にHIVに対する抗体が産生されます。通常のHIV検査では血液の中にHIVに対する抗体があるかどうか、最初にHIV抗体のスクリーニング検査を行ないます。「HIV」に感染すると免疫力がだんだん弱くなり、5~10年経つと健康な人ではかかることのない弱い細菌やウイルスでも感染症(日和見感染)にかかりやすくなります。それらの様々な症状を総称して、「エイズ(AIDS=後天性免疫不全症候群)」といいます。

エイズの症状

感染初期(HIV感染後2~6週間前後)には発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛などの風邪に似た症状が出ることがありますが、数週間で症状はなくなり、次の無症候キャリア期へ移行します。しかし、症状が全く出ない場合もあります。
無症候性キャリア期他人に感染させる可能性がありますが、感染しているかはどうかは検査を受けないと分かりません。感染後、全く症状のない期間が、5~10年前後続きます。症状が出なくても、体内ではHIVが増加し、リンパ球が減少して、免疫力が少しずつ低下していきます。この無症状の期間は非常に個人差があり、1~2年以内にエイズを発症する場合、15年たっても、症状が出ない場合もありますエイズ発症後病気が進行すると免疫機能が低下し、健康なときにはかからないような様々な感染症にかかりやすくなります。しつこい下痢、ひどい寝汗、倦怠感、体重減少などの症状がおきます。それらの症状を総称して、エイズ(後天性免疫不全症候群)といいます。

エイズの検査

HIVウイルスに感染してから、血液検査でHIVウィルスが検出されるようになるのは、抗体がつくられるようになる4週間以降になります。正確に検出する為には感染から3ヶ月必要になります。
感染の機会から3ヶ月以上経っての検査で陰性の場合には、感染していないと確定できます。現在使用されている検査法は非常に改善されており、通常は、感染から1ヶ月後には抗体が検出されます。よって、1ヶ月以上経ってからの検査で陰性であれば、感染の可能性はかなり低く、2ヶ月以上経ってからの検査で陰性であれば、感染の可能性はほとんどないといえますが、確定するためには、3ヶ月以降の検査または再検査をお勧めしています。
まず最初に、ふるいわけのために、スクリーニング検査を行ないます。このスクリーニング検査の役割は、「陽性(感染している)」の方を逃さないという目的で行われる、精度の高い検査となります。
スクリーニング検査で、「陽性(HIVに感染の可能性があるため、要確認検査)」と判定が出た場合は、確認検査へ進みます。なぜ確認検査が必要かというと、、HIV抗体スクリーニング検査ではHIVに感染していないのにもかかわらず、たまたまHIV抗原と反応する抗体を持っていて検査結果が偽陽性(にせの陽性)になる人が通常1000人に2~3人前後いるからです。

PAGE TOP