梅毒・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ| 耳鼻科 泌尿器科も対応

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

耳鼻咽喉科領域

性病・泌尿器科

HOME ≫ 性病・泌尿器科 ≫ 梅毒

梅毒

梅毒は、梅毒トレポネーマ(トレポネーマパリダム)という細菌の一種が病原体となり、発病します。
梅毒の症期は、「第1期梅毒」「第2期梅毒」「第3期梅毒」「第4期梅毒(変性梅毒)」に分かれています。
現在、国内では第1期梅毒・第2期梅毒での感染で発見されることがほとんどです。

梅毒の原因

性的接触により感染します。梅毒トレポネーマが増殖し、全身に広がる性感染症です。

第1期梅毒の症状(感染から三ヶ月まで)

梅毒を患っている方と性的接触の機会があってから約三週間後に、梅毒トレポネーマが侵入した部位に大豆くらいの大きさの、硬いしこりができます(初期硬結)多くの男性は、陰茎の先や包皮の内側にできますが、痛みもかゆみもありません。初期硬結は、自然に消えていきます。しかし検査にでは陽性反応が出ます。このような状態を「潜伏梅毒」といいます

第2期梅毒の症状(感染から三ヶ月から三年)

すでに梅毒トレポネーマは増殖しているので、血管やリンパ管を通り全身の症状となってあらわれます。皮膚や粘膜に色々な症状を生じます。
最初に現れるのは、上半身に赤色の斑点です。梅毒性バラ疹といいます。これは、痛みもかゆみもなく、しばらく経つと消えます。
次にあらわれるのは,丘疹性梅毒疹です。大豆から爪くらいの大きさで、赤色(時間が経つと茶色)になり、皮膚正面よりも盛りあがった硬い皮疹です。上半身(顔を含める)にあらわれますが、痛みもかゆみもありません。肛門周囲にできると、表面がただれて白い分泌物が出ます。

第3期梅毒の症状(感染後三年から10年)

皮膚にしこりができ、表面がくずれると潰瘍になってしまう結節性梅毒疹と、皮膚・筋肉・骨などを破壊していく梅毒性ゴム腫が発症します。
現在は、ここまで深刻化する前に完治させられる病気です。

第4期梅毒の症状(感染後10年以上)

この時期になると、内臓に病変がおよびます。特に、中枢神経系や、心血管系がおかされていきます。
現在では、このような症状をみることは、ほとんどなくなりました。

梅毒の検査

血液検査をします。梅毒RPR・TPHA定性を見て、診断します。

梅毒の治療法

薬物治療が中心となります。医師が、症期や病状、経過などを見て判断します。
主に抗生物質の内服薬を処方します。症期や症状によって医師が適切な治療法を決めますので、必ず従ってください。

【ドクターからの一言】
梅毒は必ず完治させてください。また、完全に治るまでは受診やお薬の服用をやめないようにしてください。女性が妊娠中に梅毒にかかってしまうと、早産や流産をひきおこします。しかし、適切な治療で新生児に梅毒が感染しないように予防することができます。新宿駅前クリニック泌尿器科では、梅毒を疑わせる症状があれば、検査および治療を保険診療しております。

PAGE TOP