淋病・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ| 耳鼻科 泌尿器科も対応

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

耳鼻咽喉科領域

性病・泌尿器科

HOME ≫ 性病・泌尿器科 ≫ 性器ヘルペス

性器ヘルペス

性器ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスを病原体とする性感染症です。 主な感染経路は、性交渉です。パートナーの性器から、単純ヘルペスウイルスが感染し、性器に水ぶくれなどができます。(お尻にできることもあります) また、オーラルセックスでは、口唇ヘルペスのウイルスが原因となり、性器に感染してしまうケースもあります。

性器ヘルペスの原因

性器ヘルペスには、初感染で発症する急性型と、すでに潜伏感染しており、単純ヘルペスウイルスが再活性化する再発型があります。
感染の原因のほとんどが性交渉での感染です。

性器ヘルペスの症状

急性型では、感染機会から数日で発症します。
性器の表面皮膚や、粘膜に痛みを伴う米粒大の水ぶくれができます。その水泡(水ぶくれ)は、すぐに破れてえぐれ、潰瘍になり、間もなくかさぶたになります。
再発型は、小さな水泡や潰瘍が再発します。再発型は日々の疲れやストレスにより発症する例もあります。
男性の性器ヘルペスは、感染部位にできた水泡は、痛みと痒さを伴い、排尿痛を伴うことも多くあります。性器ヘルペスは比較的軽症で済むことも多いのですが、個人差があり、発熱を伴う患者様もいます。

性器ヘルペスの検査

問診と、医師による病変部分の視診で診断できます。

性器ヘルペスの治療法

薬物治療が中心となります。 ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬を処方します。基本的には内服薬もしくは外用薬での治療となります。ヘルペスの再発を繰り返す方には、性器ヘルペス再発抑制療法をおこなう場合があります。

性器ヘルペス Q&A

性器ヘルペスは、性的な接触により、主に単純ヘルペスウイルス2型に感染して、性器やお尻の周辺に水ぶくれができるSTD(性感染症)の一つです。
ウイルスに初めて感染することを初感染と言いますが、皮膚や粘膜にできた目に見えないような小さな傷から感染すると考えられています。
もともと口唇ヘルペスに感染したことのある方が性器ヘルペスに感染したときは、ひどい症状が出るケースは少ないのですが、初めての感染が性器ヘルペスである場合は重症になります。
さらに、単純ヘルペスウイルスは、治療後も腰辺りの神経の根元である腰仙骨神経節の神経細胞に住み着き、普段は潜伏していて何の症状も示しません。
ところが、何らかの刺激があると再び目を覚まして暴れ出し、神経を通って皮膚や粘膜に出てきて病変をつくります。
これを再発と言います。
このように、性器ヘルペスを含むヘルペスという病気のやっかいなところは、しばしば再発を繰り返すことです。

性器ヘルペスの初感染の症状はどのようなものですか?
性行為などで感染してから4~10日の潜伏期間をおいて発症し、38℃以上の発熱をすることもあります。
男性の場合は、亀頭(ペニスの先端)や包皮、陰茎体部、お尻などに急に痛痒さを感じます。
最初は感染部位に水ぶくれができ、間もなくつぶれて、潰瘍性の病変がたくさんでき、脚のつけ根のリンパ節が腫れることもあります。
何の治療もしないと治るまでには約3週間かかりますが、きちんと治療すると1週間くらいで治すことが可能です。
性器ヘルペスの再発の症状はどのようなものですか?
ひどい症状の初感染が治ってから1~12カ月くらいして、体調が不良な時などに、再び感染部位に病変をつくることがあり、これを再発と言います。
多くの場合、初感染より再発の症状は軽く、痛みもあまり強くはありません。
通常は小さい潰瘍や水疱が数個できる程度です。
また、再発する前に神経痛のような痛みを感じたり、局所にムズムズ感を感じることもあるようです。
性器ヘルペスの治療法を教えてください。
神経節に潜伏しているヘルペスウイルスを死滅させることはできませんが、暴れているウイルスの増殖を抑えたり、現われている症状を軽くしたりすることはできます。
初感染で患部の痛みが激しかったり、高熱が続くなど全身的な症状を伴う場合は、入院して治療することが必要です。
再発の場合は、前兆を感じたり、症状が軽いうちに医療機関を受診し治療を開始することで症状を軽くしたり、早く治すことができます。
治療には、抗ヘルペスウイルス薬を用います。
医師は症状に合った使いやすい抗ヘルペスウイルス薬を選択するほか、症状に応じて鎮痛剤やビタミン剤、抗生剤などを併用します。
また、潜在的にヘルペスウイルスを持っていることが分かっている方は、抗ヘルペスウイルス薬を、毎日少量服用することで、服用中は再発をしにくくすることができます。
この治療を再発抑制療法と言いますが、頻繁に再発を繰り返す方は、医師に相談してみてください。

★★ 性器ヘルペスお悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
再発を防ぐための予防策を教えてください。

(A)
性病は、パートナーが完治していないと、いつまでも感染します。それをピンポン感染といいます。また、ご自身が治療が終わり再検査で治癒が確認された場合でも、再度パートナから感染してしまうこともあります。彼女さんには婦人科受診が必要となります。

【ドクターからの一言】
性器ヘルペスは体力的な疲労だけではなく精神的な疲れから再発する場合もあります。疲れたら無理をせずに休み、リラックスする時間を作るようにしてください。充分な睡眠も必要です。また、食生活や生活リズムの乱れは、免疫力を低下させ、再発のきっかけとなってしまうこともあります。アルコールは適度な量にするなど、規則正しい生活を心がけてください。新宿駅前クリニックでは、男性の性器ヘルペスの治療を、予約不要で保険診療をおこなっております。性器ヘルペス再発抑制療法もおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP