クラミジア・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 性病・泌尿器科 ≫ クラミジア

クラミジア(男性)

クラミジア性尿道炎は、非淋菌性尿道炎の一種です。
クラミジア性尿道炎の検査は、医療の進歩により病原菌であるクラミジア・トラコマチスの検出が容易になったため、非淋菌性尿道炎と分けるようになりました。
陰部クラミジアは男性も女性も自覚症状が無い場合が多く、患っていることを知らない患者様が、多数の性的接触を持つと、つぎつぎに感染していきます。
妊婦がクラミジアに感染すると、流産や早産のおそれがあり、母子感染により赤ちゃんが新生児肺炎をひきおこしてしまうおそれがあります。
クラミジアは感染がしやすく、男性側が知らずに女性と性的接触を持つと、将来の赤ちゃんにも悪影響が出てしまうため、定期的に検査したほうが良い病気です。

クラミジアの原因

クラミジア・トラコマチスが、粘膜に感染するためにおこる病気です。
主に性交渉で感染します。また、オーラルセックスでも感染するため、風俗(ピンクサロンやヘルスなど)で感染するケースが急増しています。のどにクラミジアが感染するケースもあり、喉頭クラミジアといいます。

クラミジアの症状

自覚症状がない場合もありますが、症状で多いのは、排尿時の違和感です。痛み、尿道のかゆみ、灼熱感などの不快症状が出ます。また、症状が重くなると、尿道から透明(もしくは白色)の分泌液が出ることもあります。

クラミジアの検査と費用

2時間ほど排尿をしていない状態での尿検査となります。尿中のPCR法で、クラミジアの感染の有無を調べます。また、喉頭クラミジアのおそれがある場合の検査は、綿棒でのどの粘膜を採取し、SDA法で検査します。
◆ 保険診療の場合、検査料・診察料は3,000円前後になります。
◆ 調剤薬局での薬代は2,000円前後となります。

クラミジアの治療

抗生物質の飲み薬が治療の中心となります。抗生物質の内服薬を一週間処方します。一週間後に検査結果を説明します。必要であれば、もう一週間服用する場合もあります。重度の場合や、治りが遅い場合は点滴を使用することもありますが、一般的にはクラミジアは適切な抗生物質を飲むことにより完治します。中には、クラミジアは抗生物質が効きにくい場合もあり、治療が長引くこともあります。
新宿駅前クリニックでは、耐性の少ないアジスロマイシン(ジスロマックSR)や、ドキシサイクリン(ビブラマイシン)、シタフロキサシン(グレースビット)、などを使用します。

クラミジア Q&A

クラミジア感染症とは、日本では感染者数が一番多いSTD(性感染症)で、感染者数は100万人以上と言われています。
一般の高校生を調査したところ、性経験者のうち、男性では6.7%、女性では13.1%が感染したとの結果が出ています。
クラミジア感染症の特徴に、感染しても症状を感じない場合があり、気づかないままパートナーに移してしまうことがあります。
また、女性が感染すると不妊症や子宮外妊娠の原因となってしまう可能性もあります。

クラミジア感染症はどうして感染するのですか?
クラミジアトラコマティスという病原体が、感染者との粘膜どうしの接触や、精液、膣分泌液を介して、あらゆる性行為で感染します。
クラミジア感染症の症状はどのようなものですか?
男性が主に感染するのは尿道です。
主な症状は、尿道からの分泌物(膿)、軽い排尿痛、尿道のかゆみや不快感、精巣上体の腫れ、軽い発熱――などで、尿道炎や精巣上体炎を起こします。
ただし、感染しても症状の出ないことも多く、治療が遅れて前立腺炎や血精液症※になることもあります。
※血精液症:精液に血液が混じる症状の総称です。
クラミジア感染症には潜伏期間があるのですか?
クラミジア感染症は、感染してから発症するまで1~3週間程度かかります。
これを潜伏期間と言います。
しかし、クラミジア感染症は症状が出なかったり、出ても非常に軽度で、潜伏期間を過ぎても自覚しない方も多くいます。
クラミジア感染症は潜伏期でも人に移りますか?
クラミジア感染症は潜伏期間中でも相手に感染する可能性をもっています。
クラミジア感染症の検査について教えてください。
クラミジア感染症の検査には、複数ありますが、比較的多く用いられているのは、PCR(Polymerase Chain Reaction)法です。
PCR法は、男性の場合は、クラミジア感染の疑いのある方から採取した尿を温めたり冷やしたりを繰り返して、遺伝子を増幅させてクラミジアトラコマティスの検出を試みる検査法です。
この際採取する尿は、朝起きたばかりのもの、あるいは前の排尿から約2時間後以降のものを採取します。
女性の場合、性器分泌物などを採取します。
このPCR法は非常に感度の良い検査方法です。
そこで、最終診断は総合的に医師が判断します。
クラミジア感染症の治療方法を教えてください。
クラミジア感染症の治療には、抗生物質による薬物療法が行われます。
クラミジアは、抗生物質に対して耐性を備え、薬剤を服用しても効果が得られないことがありますので、耐性菌の少ないアジスロマイシン(ジスロマックSR)が用いられることが多いと言えます。
1回服用し、1週間後に再受診し、必要があればもう1回服用します。
このほか、シタフロキサシン(グレースビット)、ニューキノロン系のお薬を用いることもあります。
なお、治りが悪い場合には点滴薬を用いることもありますが、比較的治りが早いSTDです。
処方どおり薬を飲んで、症状もなくなれば完治ですか?
治療して症状がなくなっても、まだ、病原菌は残っている可能性がありますから、クラミジア感染症が完治しているかどうかの確認検査をする必要があります。
確認検査は、PCR法は感度のいい検査方法なので、薬の効果が消えてから2週間を経過してから行われます。
なお、クラミジア感染症の治療も他のSTDと同様にセックスパートナーと一緒に行うことが重要です。

【ドクターからの一言】
クラミジアの治療をし、症状がなくなっても感染が残っている場合があります。そのような場合は、パートナーにまたうつしてしまいます。完治しているかどうかの再検査は必ず受けてください。新宿駅前クリニックでは、クラミジア性尿道炎、咽頭クラミジアを疑わせる症状があれば、予約不要で保険診療をおこなっております。

PAGE TOP