性病検査・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ| 耳鼻科 泌尿器科も対応

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

耳鼻咽喉科領域

性病・泌尿器科

HOME ≫ 性病・泌尿器科 ≫ 性病検査

性病検査

新宿駅前クリニックでは、男性の性病検査に対応しています。性病を疑わせる症状があれば、保険適用内での検査・治療ですので、患者様に大きな負担をかけることなく、迅速な検査・治療を行なうことができます。
女性の性病に関しましては、内診台がありませんので対応しておりません。女性は、婦人科を受診してください。(ブライダルチェックは患者さんご自身に綿棒で分泌液を採取していただきますのでご安心ください)
STDとは性感染症のことです。現在、STDの不安で悩んでいる患者さんは増大しています。
また、自覚症状がないSTDの種類もあり、知らず知らずのうちにパートナーに感染している場合も多く、どちらか片方が完治させても、また感染させてしまうピンポン感染と呼ばれるものは深刻です。
パートナーだけではなく、将来の赤ちゃんにも影響が出ることも多くあり、早産や流産、不妊症を招くこともあります。STD検査は定期的に行なうのが最善です。

性病検査料金

性病を疑わせる症状があり、保険診療の場合は、クラミジア、淋病両方検査して薬も処方された場合、診察料と検査料などで、合計3000円前後になります。それ以外に、調剤薬局にて、抗生物質の飲み薬代などで、2000円前後かかります。
自由診療の場合の検査費用は下記を参考にしてください。自由診療は病院により検査費用が異なります。
(HIV、B型肝炎、C型肝炎の検査は原則自由診療になります。)

HIV検査 5,000円
梅毒RPR・TPHA定性(血液検査) 3,000円
淋病PCR(男性は尿検査・女性は分泌物) 3,000円
クラミジアPCR(男性は尿検査・女性は分泌物) 3,000円
B型肝炎HBs抗原(血液検査) 3,000円
C型肝炎HCV抗体(血液検査) 3,000円
トリコモナス培養(分泌物) 3,000円
カンジダ培養(分泌物) 3,000円

ブライダルチェック

ブライダルチェックは、病院やクリニックによって検査項目が異なります。新宿駅前クリニックでは、結婚後のトラブルや不妊の原因になりやすい性感染症などを中心に検査を推奨しています。

ブライダルチェック検査料

【男性】
「HIV」「梅毒」「B型肝炎」「C型肝炎」「クラミジア」「淋病」「HIV検査」
20,000円
【女性】
「HIV」「梅毒」「B型肝炎」「C型肝炎」「クラミジア」「淋病」「HIV検査」
20,000円

性病検査 Q&A

性病検査とは、その名のとおり、性病に感染しているかどうかを調べる検査です。しかし、性病かどうかの検査を受けるのは、なかなかためらいがあるのではないでしょうか。性病を疑わせる症状があっても、「性病検査は病院じゃないと受けられないのか?」「病院に行くのはなんだか恥ずかしい」「どんな検査をするのかわからないから不安・・・」「重症だったらどうしよう・・・」など、いろいろ不安を抱え、なかなか検査に行けずに1人で悩んでいる人は少なくないと思います。しかし、性病に感染しているかもしれないと不安に思ったら、まず検査して調べてみることが重要です。思い切って検査を受けてみれば、案外簡単な検査で済んだり、病院は思っているほど行きづらいところではなかったりもします。今まで悩んでいた症状も、原因がはっきりすれば簡単な治療で治ってしまったり、なかには性病だと思っていたけれど違った、ということもあります。自分は性病かな?と思ったら、あまり不安がらず、性病検査を受けてみましょう。

性病検査はどこで受けられますか?
性病検査は病院で受けられるのはよく知られていることだと思いますが、全国の保健所で受けることも可能です。保健所では、匿名で検査することができます。ただし、保健所で受ける場合、HIVの検査が中心ですから、全ての性病の検査が受けられるわけではありません。また、全国の保健所で受けられますが、保健所によって受けられる日や時間帯が異なります。だいたい1~2週間に1度の頻度で検査が行われています。土日に検査を行っているところもありますが、ほとんどが平日の昼間なので、受けられる人も限られるでしょう。
病院での性病検査は、性病科、泌尿器科、産婦人科、皮膚科などで検査してもらえます。はっきり性病だとわかっている場合は、そのまま治療を受けることができるので、病院で検査してもらうのが良いでしょう。
また、最近普及してきたのが、自分で性病検査を行える検査キットの使用です。検査に必要なものがセットになって販売されており、セット内容の器具を使って自分で血液や粘膜の一部を採取し、検査機関へ送ると検査が行われて結果が返ってきます。誰にも知られたくない方や、性病かどうかはっきりしないのにわざわざ病院に行くのはちょっと・・・という方に向いています。検査キットを使用して陽性の結果が出たら、速やかに医療機関を受診しましょう。
性病検査の費用はどのくらいかかりますか?
病院での性病検査は、検査料のほかに初診料、診察代などがかかります。また、症状がない段階での検査は保険適用にならないので注意してください。
一方、保健所での性病検査は基本的には無料です。
検査キットは、種類や販売している会社によって価格が異なりますので、いろいろ調べてから購入すると良いでしょう。
性病検査内容はどのようなものがありますか?
検査内容は、疑われる性病の種類によっても異なりますが、代表的なものは血液検査、尿検査、おりもの検査、喉粘膜の検査などです。それぞれ判別できる性病の種類は以下のとおりです。
【血液検査】
  HIV、クラミジア、梅毒、B型肝炎、C型肝炎
【尿検査】
  クラミジア、淋病、トリコモナス膣炎、
【おりもの検査】
  クラミジア、淋病、トリコモナス膣炎、ガンジダ、
【喉粘膜の検査】
  クラミジア、淋病
検査結果が出るまでの期間はどのくらいかかりますか?
病院で検査を受けると、病院にもよりますが、7日程度で結果が出るところが多いようです。早いところでは当日に結果が出ます。
保健所では、HIVの検査だけであれば即日検査を行っているところもありますが、即日検査を行っていないところでは1週間ほどかかります。
検査キットを使用した場合は、注文して到着するまでと、送り返して結果が届くまでを考えると最短でも1週間程度はかかると考えた方が良いでしょう。
潜伏期間でも感染しているかどうかわかりますか?
性病に感染してから発病するまでは潜伏期間があり、それは感染したウイルスや菌の種類によって異なります。この潜伏期間に検査を受けても結果が正しく判定されません。感染したからといって、あわてて次の日すぐに検査を受けても、本当に感染しているかどうかはわからないのです。例えば、HIVであれば潜伏期間が1ヶ月ありますので、それを過ぎてから検査する必要があります。
献血に行けば性病検査をしてもらえますか?
性病検査目的の献血は禁止されています。絶対にやめましょう。
献血に行くと、HIVなどの性病検査を行っていますが、たとえHIVに感染していたとしても、その結果が本人に通知されることはありません。

【ドクターからの一言】
性感染症は、女性が受けるものと思いがちですが、新宿駅前クリニックでは、男性のブライダルチェックも推奨しています。不妊の原因や性感染症によるトラブルは女性側だけにあるものではありません。男性側も不安を取り除くことでご夫婦仲をより良いものにしてください。新宿駅前クリニックでは、性病を疑わせる症状があれば、予約不要で保険診療をおこなっております。

PAGE TOP