頻尿・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 性病・泌尿器科 ≫ 頻尿

頻尿

トイレが近く、1日のうちに何度もトイレに行く状態を頻尿と言います。
通常の排尿回数は、8回程度と言われており、それを超えた場合は頻尿と考えられます。

頻尿の原因

過活動膀胱や残尿、尿の量が多いことのほか、感染や尿路の炎症、腫瘍の場合も考えられます。
そのほか、精神的なストレスが影響して尿の回数が増える場合もあります。

頻尿の検査

問診の他、尿検査、残尿測定検査などをおこないます。

頻尿の治療

薬物療法として、膀胱の収縮を抑える抗コリン剤などが使用されます。
過活動膀胱の場合、尿意を感じても、すぐにトイレに立たないようにすること、骨盤底筋体操を行うことで、頻尿を改善することができます。

頻尿 Q&A

年齢を重ねるごとに増えてくるのが頻尿です。
日中での排尿回数が8回以上、夜間で2回以上の排尿があれば、頻尿症と考えられます。
また、回数にこだわらずに、トイレの回数が多いと感じるようなら、それも頻尿と診断されることもあります。

頻尿の原因とは何ですか。
さまざまな原因があります。
前立腺肥大症や過活動膀胱や残尿、多尿、尿路感染による炎症、腫瘍、ストレスなどが挙げられます。
前立腺肥大症の場合、前立腺が肥大することにより、膀胱が圧迫されることにより頻尿になります。
過活動膀胱の場合、膀胱が自分の意志とは関係なく勝手に収縮するので、何度もトイレに行くことになります。
残尿の場合、排尿後も膀胱内に尿が残ってしまい、残尿感を感じて頻尿になります。
膀胱や尿道になんの問題がなくても、たとえば糖尿病などの内分泌疾患、水分を多く摂ること、利尿剤などの影響でも頻尿になります。
膀胱炎や前立腺炎など、尿路感染が起こる場合、膀胱の神経が刺激されて頻尿になるケースがあります。
ストレスからくる頻尿は、身体の機能としては何も問題はないのに、トイレが気になり、何度もトイレに行ってしまいます。
頻尿を予防する方法はありますか。
原因によって変わってきますが、骨盤底筋を鍛えることで、頻尿を防ぐことができます。
また、からだを冷やさないようにすることも大切です。
他にも膀胱訓練という訓練方法もあります。
骨盤底筋はどうやって鍛えるのですか。
簡単な運動をします。
まず仰向けになり、両膝をまげます。
その状態からお腹を天井めがけて浮かせます。
この時、お腹を見るようにすると良いでしょう。
これを1日10回やることで、骨盤底筋が鍛えられます。
膀胱訓練とはどのようなものですか。
尿の回数を意識的に減らす方法です。
一日に8回以上行っている場合、尿の回数をノートなどに記録しながら、なるべく7回くらいに抑えます。
そのために排尿を我慢します。
いきなり7回にするのではなく、まず、普段どれくらい排尿しているのかを把握しましょう。
いつも12回行っているのなら、まず10回に。
10回なら、9回にするなど、少しずつ尿の回数を減らしていきましょう。
そうすることで、頻尿を克服することができます。
膀胱訓練は、尿道や膀胱に問題がない人に適しています。
前立腺肥大や膀胱炎、過活動膀胱や膀胱結石、などを患っている場合はやらない方がいいでしょう。
膀胱訓練をすることで、かえって悪化する場合もあるので、訓練をする場合は泌尿器科の医師にご相談ください。

★★ 頻尿お悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
ストレスからくる頻尿とはどういうものですか

(A)
膀胱や尿道に何の病気もなく、尿量も正常なのに、トイレのことが気になってしまう状態のことです。 ストレスから自律神経のバランスが崩れて頻尿になるとも考えられています。

PAGE TOP