脂質異常症・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ| 耳鼻科 泌尿器科も対応

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

耳鼻咽喉科領域

性病・泌尿器科

HOME ≫ 内科 ≫ 脂質異常症

脂質異常症

高脂血症とは、血液中にふくまれる脂肪(脂質)が増加した状態です。
血液中の悪玉コレステロールが増加する「高LDLコレステロール血症」、トリグリセリドが増加する「高トリグリセリド血症」がありますが、その両者が増加する場合もあります。
長い間放置することで血管内に脂肪がたまり、血管がつまりやすくなります。そのため、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気がひきおこされる場合があります。

高血圧の原因

大きく分けて二つの原因があります。 ひとつは、糖尿病など、もとになる病気やアルコールの過剰摂取、暴飲暴食、運動不足が原因で血液中の脂肪が増加する「続発性高脂血症(二次性高脂血症)」です。 もう一つは、原因の特定ができない原発性高脂血症(一時性高脂血症)があります。この多くは、遺伝性によるものです。

脂質異常症(高脂血症)症状

多くの患者様は、初期の病状では自覚症状があらわれず、動脈硬化がすすむまで症状を感じません。健康診断などで指摘される場合がほとんどです。日頃から健康診断を受け、高脂血症の早期発見をし、適切な治療を受けることが大切です。

脂質異常症(高脂血症)合併症

高コレステロール血症は、動脈硬化を促進させます。動脈硬化が進行した場合、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞をひきおこしてしまうことがあります。

脂質異常症(高脂血症)検査

血液検査で、中性脂肪・LDLコレステロール・HDLコレステロールの数値を検査します。
最終的には、悪玉といわれるLDLコレステロールの数値で判断をします。

脂質異常症(高脂血症)治療

食事療法や運動療法を行なっても目標値まで下がらない場合は、薬物療法を行ないます。病状に合わせてLDLコレステロールや中性脂肪を下げる飲み薬などを処方します。また、他の薬と併用する場合もあります。

脂質異常症 Q&A

脂質異常症とは、血液の中の脂質が増えすぎる病気です。血液中の脂質が増えすぎると、増えた脂質が血管内にたまるため動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険性があります。

脂質異常症の症状は、どのようなものがありますか?
脂質異常症は厄介なことに、血液中の脂質が異常に増えても、痛くもかゆくもないため、気づかない人がほとんどです。さらに脂質が血管内にたまり、動脈硬化を起こしても、まだ自覚症状はありません。ですから、気づかずに放置してしまい、心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こして初めて脂質異常症を自覚する場合もあります。ただ、中性脂肪が極端に高い脂質異常症の場合は、急性膵炎(きゅうせいすいえん)を起こして見つかることがあります。急性膵炎になると、急に激しく背中に広がるように上腹部痛が起こり、食欲がなくなったり、嘔吐などの症状が出ます。
脂質異常症の原因は、どのようなものがありますか?
血液中には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類の脂質が溶け込んでいます。脂質異常症では、この中の2つ、コレステロールと中性脂肪(代表的なものはトリグリセリド)の増えすぎが問題となります。また、脂質異常症には、コレステロールが多いタイプ、中性脂肪が多いタイプ、両方とも多いタイプの3つがあり、タイプによって治療方法が異なります。
過敏性腸症候群になりやすい人はどんな人でしょうか?
家族に脂質異常症の人がいたり、動脈硬化症の人がいたりすると、脂質異常症になりやすいといえます。また、高血圧や糖尿病、またはそれらの予備軍の人、痛風がある人も脂質異常症になる可能性が高いです。日常生活では、お酒をよく飲んだり、肉などの脂っこい食べ物をよく食べていたり、甘いものや乳脂肪製品、果物等が好きな人、日常的にあまり歩くなどの運動をせず、肥満傾向にある人などは脂質異常症になる危険性が高いです。女性の場合は、閉経していることも関係します。
過敏性腸症候群の治療方法は、どのようなものがありますか?
動脈硬化の症状がない場合は、治療は生活習慣の改善と薬物療法です。生活習慣の改善は、具体的には禁煙、食生活の是正、適正体重の維持、運動の増加を図ります。なかでも最も重要なのが、適正体重の維持にも関わる食生活の是正です。
どうしても生活習慣の改善だけでは症状が改善されない場合は、心筋梗塞や脳梗塞を招く危険性が高まるので、薬物療法も行います。しかし、あくまで基本は生活習慣の改善なので、薬を飲んでいるからといって、それに頼るのは良くありません。長い時間をかけて、ゆっくり、しっかり生活習慣を見直すことが大切です。
脂質異常症を早期に発見するためには、どうしたらいいでしょうか?
脂質異常症は初期症状が全くないので、日常生活の中で気づくことはまず困難でしょう。しかし、放置しておくと命の危険も招く病気ですので、できれば早期発見、早期治療をしたいものです。脂質異常症を早期に発見するためには、健康診断で調べてもらうしかありません。定期的に健康診断を受ける習慣をつけましょう。

【ドクターからの一言】
脂質異常症の基本的な治療は、生活の改善です。動脈硬化の危険因子をなくし、健康的な生活をすることは大切です。食事制限や突然の運動はつらいと思いますが、少しずつ生活スタイルを見直すことで、危機的状況は遠ざかります。

新宿駅前クリニック内科では、忙しい方でも薬をきらさずにすむように、ご予約不要で保険診療をおこなっております。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP