胃腸炎・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 内科 ≫ 胃腸炎

胃腸炎

胃腸炎とは、ウイルスや細菌などが原因で胃腸に炎症をひきおこしてしまう病気です。
一過性のものが多く「急性胃腸炎」といいます。

胃腸炎の原因

ウイルスは、冬に流行しやすいノロウイルス・ロタウイルス・アデノウイルスが原因の場合が多く、細菌性のものはサルモネラ菌やカンビロバクターが原因である場合が多いです。

胃腸炎の症状

胃やお腹の痛みや、吐き気による嘔吐、下痢などの症状があります。
下痢は、症状が重くなると、水しか出ていないような便になります。
また、発熱することもあり、頭痛や倦怠感を伴うこともあります。

胃腸炎の検査

症状が強い場合は、血液検査をすることもあります。

胃腸炎の治療

薬物療法が中心となります。
腸の動きを整える内服薬や、痛みが強いときは消化器官の痛みを緩和する内服薬を処方します。
また、下痢の症状が重いときは、下痢止めを一時的に処方するなど、症状に合ったお薬を使用します。
細菌が原因の場合は、抗生物質を処方する場合があります。

急性胃腸炎 Q&A

急性胃腸炎とは、ウイルスや細菌などが原因で一過性の腹痛や嘔吐、下痢を引き起こす病気です。嘔吐下痢症、腸感冒とも呼ばれます。食品など原因が明らかな場合と、原因がはっきりしない場合があります。

急性胃腸炎の症状は、どのようなものがありますか?
主な症状は、胃の痛み、嘔吐、胃もたれ、腹部膨満感、下痢、頭痛、倦怠感、気持ち悪さなどです。下痢は、ひどい時には水分しか出ない便になります。発熱を伴い、全身の関節が痛くなることもあります。
急性胃腸炎の原因は、どのようなものがありますか?
急性胃腸炎は、ウイルスや細菌などが胃や腸に感染して発症します。ウイルスの場合は、冬に流行しやすいノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどがあります。細菌性の場合は、サルモレラ菌やカンピロバクターなどがあります。
急性胃腸炎の治療方法を教えてください。
治療は、薬物療法が中心です。腸内細菌を整える薬や腸の動きをゆっくりにする薬を使用します。その他、下痢がひどい時は一時的に少し強い下痢止め作用のある薬を内服します。腹痛がひどい時は消化管の痛みを抑える薬を内服します。細菌が原因と考えられる場合は、抗生物質を内服することもあります。
急性胃腸炎は、どのくらいで症状が良くなりますか?
急性胃腸炎は、通常は2~3日以内でピークを迎え、徐々に改善していきます。
急性胃腸炎になったら、どのようなことに気をつければ良いですか?
胃腸が弱っているので、食べ物はおかゆやうどんなど消化に良いものを食べるようにしましょう。食べすぎは胃腸を刺激し、下痢や腹痛を悪化させることがあるので控えましょう。脱水症状を起こさないように水分はこまめにとるようにしますが、胃腸を刺激しないように気をつけてください。

★★ 胃腸炎お悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
胃腸炎のときの食事はどうしたらいいですか?

(A)
症状によって、医師の判断は変わりますが、基本的に嘔吐や下痢の症状が重いときには、普通の食事では、胃や腸に負担がかかるため、消化の良いものをすすめています。ご飯はおかゆに変え、繊維の少ない野菜と牛乳など、胃や腸に負担を与えない食事を心がけてください。また、下痢は脱水症状をおこしやすいので、水分補給はしっかりしましょう。特に高齢の患者さんには注意が必要です。食事の内容などの判断が難しい場合は、医師にご相談ください。胃腸炎は、適切な食事により、治るスピードも早くなります。また、治ったように感じても、まだ胃や腸には負担が残っている場合もあるので、しばらくは、脂っこいもの、インスタントラーメン、炭酸飲料などは刺激が多いため、控えてください。

【ドクターからの一言】
痛みや嘔吐が激しい、または、吐血するなど深刻な胃腸炎もあります。その際は、早急な医師の診断を要する場合が多いので、早めに受診してください。胃腸炎は一過性のものが多く、自然治癒することもある病気ですが、また、胃腸炎であっても、内服薬を飲むことにより、治りが早くなり負担も軽減されます。

新宿駅前クリニック内科では、ご予約不要で保険診療をおこなっております。胃の痛みや下痢症状などに対しても薬を処方しております。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP