喘息(ぜんそく)・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 内科 ≫ 喘息(ぜんそく)

喘息(ぜんそく)

咳や痰が出て、のどが「ゼイゼイ」といい、呼吸が苦しくなる病気です。
喘息発作時の呼吸音は「ヒューヒュー」とも聞こえ、独自のものです。
全国の喘息の患者さんは150万人とも言われ、喘息は恐ろしい病気と思われていますが、近年の喘息治療は進歩し、医師の適切な診断・継続的な予防治療で、症状は改善されるようになりました。現在の医療では、喘息を持っていない人と同じように生活をすることもできます。

喘息の原因

喘息の原因は、様々な説があります。しかし、まだ明確なことはわかっていません。
ですが、喘息とは、気管支が過敏になっている状態であり、慢性的に気道の炎症がおこることが原因だとわかってきました。
ダニや花粉などのアレルゲンに対して、気道が過敏に反応することを気道過敏症といいます。
また、飲酒や激しい運動、ある種の薬の服用、気温の変化や、タバコの煙などがきっかけとなり、喘息発作をひきおこすこともあります。

喘息の症状

喘息の発作時は、咳や痰がでて、息苦しさを感じます。呼吸音は「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」などと聞こえる場合もあります。大抵は、この時に痰を伴いますが、粘っこいので切れにくく吐き出すことが困難です。また、寝ている姿勢では、苦しいため、起き上がって坐位をとるようになります。(起坐呼吸)
また、乾いた咳が出ますので、呼吸がますます苦しくなります。
症状が重くなると、血液中の酸素が不足することにより、指先や唇が紫色になるチアノーゼ症状も出てきます。

喘息の検査

喘息発作時に聴診器で呼吸音を聞きます。「ヒューヒュー」といった音が聞こえます。
また、血液検査をする場合もあります。血液検査では、白血球の種類を調べ、特に好酸球の増加を見ます。
また、喘息は程度や経過を知ることが重要なので、医師による問診を行ないます。

喘息の治療

薬物療法が中心となります。
慢性の気道炎症を抑えるための吸入ステロイド薬を中心に処方します。
同時に、発作時の気管支拡張薬なども処方する場合があります。
喘息治療の目的は、発作時だけではなく、普段からの予防のために慢性的な気道の炎症をなくすというものです。

喘息 Q&A

喘息とは、気管支に慢性の炎症があるせいで気道が狭くなり、呼吸が苦しくなる病気で、咳や痰を伴います。炎症が激しくなると喘息発作が起き、呼吸をする時に喘鳴と呼ばれるゼーゼー、ヒューヒューという独特な音がして呼吸が苦しくなります。早期に治療しなければ気道が狭くなったまま戻らなくなってしまい、呼吸困難に陥る怖い病気です。喘息患者は、全国に150万人くらいもいるといわれ、その中の0.4%にあたる約6,000人が呼吸困難で死亡しています。

喘息の症状は、どのようなものがありますか?
喘息の主な症状は呼吸困難、咳、痰などです。喘息の始まりはのどがつまる感じがしますが、やがて気管支が細くなると、独特なゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴が聞こえるようになり、呼吸が苦しくなります。ひどくなると横になることができなくなり、前かがみに座って呼吸しなければならなくなります。呼吸困難がしばらく続いた後、咳や痰が出るようになりますが、咳は乾いた性質の咳で、呼吸をより苦しくします。痰は粘り気があり、吐きにくいものです。
喘息の原因は、どのようなものがありますか?
喘息は、以前は発作の時にだけ気管支に炎症が起きている病気だと考えられていましたが、そうではなく普段から慢性的に気管支に炎症があることがわかってきました。
気道に炎症があると、気道過敏性といって、ほこりやダニ、花粉などのアレルゲンに対して気道が敏感に反応し、気道の筋肉が収縮して気管支が細くなります。そうすると、空気の通り道が狭くなり、息苦しさや咳などの症状が現れてきます。呼吸が苦しくなってくると、呼吸をする時にゼーゼー、ヒューヒューという独特な音を伴う喘息発作が起きます。
喘息発作が起きたら、どのような処置が必要ですか?
喘息発作が起きたら、一刻も早く発作をしずめることが重要です。即効性のある発作治療薬を使って発作をしずめるか、なければすぐに医療機関を受診しましょう。発作治療薬を使っても症状が改善しない場合も、医療機関を受診します。
喘息発作が起きた場合、医療機関を受診する目安は、呼吸困難で横になれない場合、かろうじて歩ける程度である場合、会話が困難な場合、発作で夜中に何度か目を覚ます場合、ゼーゼーという喘鳴がはっきりと聞こえる場合などです。
喘息が起きやすいのはいつですか?
喘息は、季節の変わり目や台風接近前などの気圧の変化、気温の急激な変化などで起こりやすくなります。また、激しい運動や飲酒をした際にも起こりやすくなりますが、これは肥満細胞から喘息を起こしやすくする物質が出やすくなるためです。その他、たばこの煙や女性では月経や妊娠なども喘息発作を起こしやすくします。
時間帯でいうと、副交感神経が高まる夜間から明け方にかけて、喘息発作は起こりやすくなっています。
喘息の症状がひどくなるとどうなる?
重い喘息発作を起こすと、かなりの長時間激しい呼吸困難が続きます。さらに重症になると、血液中の酸素が不足して意識を失い、唇や指先が冷たく紫色になるチアノーゼ状態になります。また、重い喘息発作が24時間以上続くと、喘息重積状態と呼ばれる危険な状態になります。適切な治療を行わなければ、痰がつまり、窒息死する危険性があります。
喘息の治療方法をおしえてください。
喘息の治療は、以前は発作が起きた時に症状を抑える対症療法が中心でしたが、近年、喘息の仕組みが解明され、慢性的な気管支の炎症が喘息発作の原因となることがわかってきたため、予防的治療が中心となってきました。
薬物療法が中心となりますが、炎症を抑える作用が強い吸入ステロイド薬を使用します。副作用はほとんどありません。喘息の患者さんは、発作がない状態でも気管支の炎症があるため、炎症を起こさないように適切な治療を続ける必要があります。発作がないからといって治療をやめてしまっては症状は改善しません。普段から治療をきちんと行い、気管支の炎症を改善させて、発作が起こらないようにすることが大切です。
喘息は完治しますか?
喘息は、慢性的な気管支の炎症が原因なので、長期間にわたって治療を続けなければ完治は難しい病気です。しかし、早期に治療を開始し続けることで、普通の人と変わりなく生活ができるようになります。重要なのは、慢性的に起きている気管支の炎症をなくすことです。発作がおさまったからといって自己判断で薬を飲むのをやめたり、症状が出てきた時にだけ薬を飲むのでは、なかなか炎症はなくなりません。医師の指導に従い、しっかり継続して治療することが重要です。
喘息患者は運動してはいけませんか?
運動したり、走ったりすると喘息の発作が起こることがあります。これを運動誘発性喘息といいます。しかし、喘息の患者さんが運動をしてはいけないということはありません。スポーツ選手の中にも喘息の人はいます。運動しても喘息発作が起こりにくくするために適切な治療を行うことが重要です。
喘息患者が日常生活の上で気をつける点はありますか?
喘息発作を起こすきっかけとなるアレルゲンで最も多いのが室内のほこりです。ほこりにはダニが含まれており、高温多湿を好むため、特に6~9月は要注意です。部屋の掃除をこまめにして、ふとんにも掃除機をかけると良いでしょう。じゅうたんや毛布はできるだけ使わない方が良いです。部屋に湿気をためないようにするため、風通しを良くしましょう。
風邪などのウイルスに感染すると、喘息発作が起こりやすくなります。外から帰ってきた時は、うがい・手洗いをして風邪を予防しましょう。また、たばこや蚊取り線香などの煙も気管支を刺激します。たばこは控えましょう。

【ドクターからの一言】
インフルエンザの予防接種での阻止率は100%ではありませんが、発病を阻止する有効な方法です。慢性の持病で免疫力が低下している方や、お年寄りの方などは、インフルエンザを重症化させないためにも、家族の皆さんも一緒に接種することをおすすめします。不安なことがありましたら、どうぞ医師にお問い合わせください。

新宿駅前クリニック内科では、忙しい方でも継続して診療を受けれるように、ご予約不要で保険診療をおこなっております。喘息は発作が起こらない状態にコントロールすることが大切です。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP