花粉症・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 内科 ≫ 花粉症

花粉症

花粉症とは、花粉によっておこるアレルギー症状です。
原因となる花粉が飛散する特定の時期に症状が出るため、「季節性アレルギー性鼻炎」ともいわれています。
おもにスギ花粉をアレルゲン(抗原)とするものを「スギ花粉症」といいます。花粉症に悩んでいる患者さんの約80%はスギ花粉が原因となり花粉症をひきおこしています。

花粉症の症状

目に激しいかゆみ・目やに・連続性のあるくしゃみ・鼻水・鼻づまりを感じます。
また、重症化してくると、目が充血し涙目になったり、頭痛などを伴う場合もあります。
鼻水は、水のようなものが流れるのが特徴です。症状が重い場合、涙と鼻水が止まらなくなり精神的なストレスから、違う病気をひきおこしてしまう可能性もあります。

花粉症の検査

花粉症の原因を特定するために、血液検査をします。
通常は、スギ・ヒノキ・ヨモギ・カモガヤ・ブタクサの花粉が原因となっている場合が多いので、血液中の抗体を調べます。

花粉症の治療

薬物療法が中心となります。初期療法と花粉症の症状があらわれた後に分けられます。

【初期療法(予防)】
花粉の飛散する時期を基準とし、その2週間ほど前から花粉症の予防のために抗アレルギー剤の内服薬や、点鼻薬・点眼薬を処方します。

【症状があらわれた後】
くしゃみ・鼻水・鼻づまりには、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服薬を処方します。症状が強ければ点鼻薬を使用することもあり、ロイコトルエン拮抗薬トロンボキサンA2拮抗薬を併用して使用することもあります。

目のかゆみが強い場合は、抗アレルギー薬の点眼薬を短期間使用します。
漢方薬を処方することもあり、ご不明な点や不安なことがありましたら医師にご相談ください。

花粉症 Q&A

春になると多くの人を悩ませる花粉症ですが、花粉症とは、花粉によるアレルギー症状のことです。毎年春が近づくと、ニュースなどで花粉の飛散状況が出るようになりますが、これを見て憂鬱になる人も多いのではないでしょうか。花粉症は、花粉が飛散する時期にだけ症状が現れるため、別名「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれます。主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみで、これらが花粉症の4大症状です。花粉症の原因となる花粉は、スギ、ヒノキなど春に飛散するものが原因となることが多いですが、実は、ブタクサやイネ科などの植物による秋の花粉症の方もいます。

花粉症の症状はどのようなものがありますか?
花粉症は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが4大症状といわれています。症状がひどい人では、鼻水が滝のように流れてきたり、どこへ行くにも箱ティッシュが手放せなくなったり、本当につらそうです。さらに、4大症状だけでなく、目の周りのかゆみ、のどの違和感、体の皮膚のかゆみなどが現れる方もいます。また、くしゃみや鼻水などがひどくなれば、それに伴い、頭痛、睡眠不足、集中力欠如、イライラ感、食欲不振、気分が鬱になるなど、思わぬ悪影響が出て、仕事や勉強に支障をきたしてしまいます。
花粉症の原因となる花粉には、どのような種類がありますか?
日本人で最も多いのは、スギ花粉による花粉症で、花粉症患者の80%がこのスギによる花粉症であるといわれています。スギ花粉は春が近づくと飛散する花粉ですが、ほかにも春に飛散する花粉には、代表的なものにヒノキ、ハンノキ、シラカンバなどがあります。
花粉症は春のものと思われがちですが、種類は違いますが、花粉症を引き起こす花粉は年中飛散しています。なかでも春に次いで花粉が多いのが秋で、秋になるとくしゃみや鼻水が止まらないという方は、秋の花粉症の疑いがあります。秋に飛散する花粉の代表的なものには、ブタクサ、イネ科(ハルガヤ、オオカワガエリ、カモガヤ)、ヨモギなどがあります。
花粉症を発症するメカニズムを教えてください。
花粉症は、体内に花粉が侵入することで発症しますが、この時、体内では何が起きているかというと、まず、侵入した花粉を排除しようとして抗体が作り出されます。これはIgE抗体と呼ばれます。IgE抗体は侵入した花粉の量に応じて生成されるので、たくさん花粉を吸い込めば、それだけたくさんのIgE抗体ができます。そして、このIgE抗体が生成され、ある一定量蓄積されると、花粉症を発症します。通常、IgE抗体が一定量に達するまでには20~30年かかります。ですから、花粉症は20~30代での発症が多いのです。
ただし、花粉がたくさん侵入すれば、それだけ早くIgE抗体が作り出されますし、もともとアレルギーを起こしやすい体質というのもあって、そういう人はそれだけ早く花粉症を発症します。さらに、環境や生活習慣、体調などもアレルギーを発症させる原因になりますので、なかには子どもの時から花粉症という人もいます。
ちなみに、花粉症の主症状が鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみ(涙目)なのは、IgE抗体が鼻や目の粘膜にある肥満細胞と結びつき、再び花粉が侵入すると、肥満細胞から化学物質を分泌し、くしゃみや鼻水、涙と一緒にできる限り花粉を体外に排出したり、鼻づまりを起こして新たな花粉の侵入を防ごうとするからです。
花粉症の治療方法を教えてください。
花粉症の治療は、花粉症の症状が現れる以前に対策を始める初期療法、花粉症の症状が出始めてから行う薬物療法、体質を改善するための漢方薬による治療を行います。
特に花粉症の初期療法は、症状が出る時期を遅らせ、ピーク時の症状を軽くし、さらに症状の終了を早めることができるので、花粉症の方は早くから治療を行うことをおすすめします。花粉の飛散し始める2週間前くらいから治療を始めると良いでしょう。
花粉症と風邪の見分け方を教えてください。
今年初めて花粉症になったという方は、最初は風邪かな?と思うことも少なくないでしょう。風邪をひいた時もくしゃみや鼻水が出るので、特にこれまで花粉症を経験していない人にとっては紛らわしくて困ります。そこで、花粉症と風邪の見分け方を解説します。
花粉症の4大症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみですが、まず、風邪で目のかゆみを伴うことはありません。目がかゆくなったり、涙目になったりするのであれば花粉症です。
また、鼻水にも違いがあります。花粉症の鼻水は水様性でサラサラしていて、無色透明です。普通に正面を向いているだけでも口まで簡単に流れてしまいます。”たれる”というより、正に”流れる”といった方がふさわしいでしょう。それに対し、風邪の鼻水は粘り気があり、色は黄色っぽかったり、緑色だったりします。花粉症ではこのような鼻水が出ることはありません。
鼻づまりは風邪でもよく起こりますが、花粉症の場合、両方の鼻がつまりやすく、息ができないほどのこともしばしばあります。かんでもかんでもすぐ鼻がつまってしまうのも特徴です。
くしゃみの出方にも違いがあります。風邪の場合、あまり連続してくしゃみが何回も出るということはありませんが、花粉症の場合、何回も連続してくしゃみが出ることが多いです。10回以上連続で出ることもしばしばです。
去年までは大丈夫だったのに、急に花粉症になることはありますか?
去年までは大丈夫だったのに、今年は突然、花粉症の症状が出始めた、というのは珍しいことではありません。そもそも花粉症が発症するピークは20~30代の時なので、大人のアレルギー疾患といえ、特に20~30代の方はまだまだこれから発症する可能性があります。もう大人だし、今さら花粉症になることなんてないだろう、と思うのはちょっと間違いです。
ただし、近年では飛散する花粉の量の増加や生活習慣の変化などにより、子どもでも花粉症を発症するケースも増えてきました。

★★ 花粉症お悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
花粉症対策を教えてください。

(A)
テレビや新聞などの花粉情報を見て、花粉が多く飛びそうな日は、目や鼻に入らないようにゴーグルやマスクを着用してください。また、花粉症のつらい症状が続くと、精神的な負担が出てくる可能性がありますので、花粉症だけに括らず、医師にご相談ください。

【ドクターからの一言】
新宿駅前クリニック内科では、眠くなりにくい花粉症の飲み薬を処方しています。花粉症薬の中には、一日一回飲むタイプの薬もあります。お仕事の状況や、時間帯などを伝えていただけますと、日常生活に支障のないお薬を処方することもできます。医師にお気軽にご相談ください。

PAGE TOP