鼻水・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ| 耳鼻科 泌尿器科も対応

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 耳鼻科 ≫ 鼻水

鼻水

鼻水は、鼻から出る流動性、半流動性の液体で、鼻汁とも呼ばれます。鼻水から水分が抜けると、固体となり、鼻糞になります。
鼻水は、鼻から吸った空気に適度な湿り気を与えたり、鼻の粘膜を病原菌から守るために、常に分泌されています。

鼻水の原因

風邪による急性鼻炎(鼻風邪)やアレルギー性鼻炎などにより、鼻水が引き起こされます。
それ以外にも、鼻中隔彎曲症、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)などが原因となる場合があります。

鼻水の治療

風邪の場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の鼻水止めの成分の入った薬を処方します。眠くなりにくい鼻水止めも病院で処方されています。
アレルギー性鼻炎の場合は、抗アレルギー薬、ロイコトリエン拮抗薬の飲み薬、アレルギー用の点鼻薬を処方します。
慢性副鼻腔炎の場合は、抗生物質の飲み薬を処方することがあります。

鼻水 Q&A

鼻水には、鼻から吸った空気に適度な湿り気を与えたり、気道の粘膜を保護したりする役割があります。また、風邪やアレルギーによって細菌やウイルスが入り込んだ時には、鼻水として細菌やウイルスを体の外に流し出そうとするはたらきがあります。
鼻水が出るのは風邪をひいた時が最も多いですが、花粉症などのアレルギー性鼻炎によるものも多くなっています。アレルギー性鼻炎は、花粉症のようにある特定の時期にのみ症状が現れる季節性アレルギー性鼻炎と、ダニやほこりなどハウスダストを原因とする通年性アレルギー性鼻炎に分けられます。
また、鼻の粘膜はとても敏感で、風邪やアレルギーでなくても気温の変化やほこりなどのちょっとした刺激ですぐ鼻水が出ることがあります。

鼻水が出るのはなぜでしょうか?
風邪をひいたり、花粉症などのアレルギー疾患が発症すると大量の鼻水が出ます。これはなぜかというと、風邪やアレルギーのもととなっているウイルスや細菌、花粉などを体から流し出すためです。鼻水が出る時は、体に何らかの細菌等が入り込んだということなので、体調不良を起こしかけているサインになります。鼻水は体に入り込んだウイルスや細菌を外に流し出そうとするものなので、鼻をすすったりするのは良くありません。できるだけ鼻水はかんで細菌やウイルスを外に排出するようにしましょう。
アレルギー性鼻炎とは、どのような病気でしょうか?
アレルギー性鼻炎とは、花粉やハウスダストなど、アレルギーの原因となるものが体内に侵入して蓄積し、アレルギー物質である抗体を生成することから引き起こされます。鼻水、鼻づまり、くしゃみなどが代表的な症状です。スギなどの花粉が原因となる花粉症は、花粉が飛散している時期にのみ起こるため、季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれ、ダニやほこりなどのハウスダストによるものは一年中続くため、通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。
サラサラの水っぽい鼻水と黄色っぽいどろどろの鼻水が出ることがあります。どう違いますか?
サラサラの水っぽい鼻水は、主に花粉症などのアレルギー性鼻炎を起こしている時に出ます。風邪の時はサラサラした鼻水ではなく、粘り気のある鼻水で、色は無色透明の時もあれば黄色や緑色っぽい色の時もあります。鼻水が黄色や緑色になるのは、細菌と戦った白血球の死骸が含まれているからです。
よく鼻水が黄色や緑色になると、風邪の治りかけだと思っている方がいますが、それは間違いです。確かに、白血球の死骸がたくさん含まれれば、それだけたくさん白血球が細菌と戦ってくれたということになり、もう風邪は峠を越えたかに思えますが、この時こそ一番安静が必要な時です。ちなみに、サラサラの鼻水が出る時は、体はまだ細菌と戦っている状態ではなく、戦う準備をしている状態です。
効果的な鼻のかみ方はを教えてください。
鼻水は片方ずつかむのが基本です。両方いっぺんにかむと、細菌やウイルスが鼻の奥の方に追い込まれ、副鼻腔炎を引き起こす心配があります。また、特に鼻づまりを起こしている時は勢いよく鼻をかんでしまいがちですが、これはよくありません。あまり勢いよく鼻をかむと、鼻血が出たり耳が痛くなるなどのトラブルになることがあります。
正しい鼻のかみ方は、まず口から息を吸い、たっぷり空気を取り入れます。そして鼻から少しずつ小刻みに息を吐き出すようにして、丁寧にかみます。

【ドクターからの一言】
風邪とアレルギー性鼻炎の違いとしては、風邪のときは、のどの痛み、頭痛、発熱などの他の全身症状を伴い、アレルギー性鼻炎では、くしゃみや目のかゆみなどの症状を伴っている場合が多く、診断をする際の鑑別点となります。

新宿駅前クリニック内科では、眠くなりにくい鼻水の飲み薬も処方しております。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP