アレルギー性鼻炎・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ| 耳鼻科 泌尿器科も対応

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

耳鼻咽喉科領域

性病・泌尿器科

HOME ≫ 耳鼻科 ≫ アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

抗原と抗体が鼻の粘膜で反応して、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりを起こすのがアレルギー性鼻炎です。アレルギー反応(I型)で起こる病気には、ほかに気管支喘息(きかんしぜんそく)、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎(けつまくえん)などがあります。これらアレルギー性の病気はしばしば同時に起こります。

アレルギー性鼻炎の原因

ハウスダスト(ダニなどの家のほこり)、スギ花粉、イネ科花粉、ブタクサ花粉、真菌(カビ)、ペットとして飼っているイヌやネコの毛があります。
抗原は、息を吸うと鼻のなかに入り(吸入抗原)、鼻の粘膜にある抗体と出合いアレルギー反応(I型)を起こします。抗体はIgE抗体と呼ばれ、アトピー体 質のある人の体内でつくられます。このIgE抗体は、鼻の粘膜で肥満細胞(ひまんさいぼう)という細胞と強く結びつく性質をもっています。
アトピー体質のある人が、各種吸入抗原を吸うと抗原抗体反応が鼻の粘膜で起こり、肥満細胞からヒスタミンなどの物質が放出されます。放出されたヒスタミンなどの物質は、鼻の粘膜を刺激してくしゃみ、鼻みず、鼻づまり、鼻のかゆみを起こします。したがってスギ花粉症もアレルギー性鼻炎に属します。大気汚染や食生活の変化によりアレルギー性鼻炎は増えています。

アレルギー性鼻炎の治療

抗原が鼻のなかに入らないようにすることが症状を改善するうえで最も有効です。ハウスダスト(ダニなど)はふとん、じゅうたん、畳に多いのですが、丹念に 掃除機などで取り除くことにより、鼻症状はある程度改善されます。またスギ花粉のないところに住めば症状は出なくなります。
しかし実際は、掃除してもすぐにほこりはたまりますし、スギ花粉の飛ばないところに住むことも困難です。したがって、減感作療法(げんかんさ りょうほう)(特異的免疫療法)という体質改善の治療と抗アレルギー薬で症状を抑える治療が主に行われています。
花粉症では、飛散する前から薬物を予防的に投与し、症状発現を遅らせ、花粉飛散期の症状を軽くする初期療法がすすめられています。
減感作療法とは、抗原からの抽出物を少量から投与する方法で、現在では根治治療に最も近く、治療終了後にも症状の改善が持続します。この点で、症状を抑える抗アレルギー薬と異なります。

アレルギー性鼻炎 Q&A

アレルギー性鼻炎とは、呼吸により鼻から侵入してきた特定のある物質に対して、人間が持っている、その物質を異物と判断して無害化しようとする抗原抗体反応により、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの症状が出てくる病気です。
皆さんご存知の花粉症もアレルギー性鼻炎の一つで、草花の花粉が原因です。

アレルギー性鼻炎の原因にはどのようなものがありますか?
草花の花粉のほか、ダニやほこりなどのハウスダスト、カビなどがアレルギー性鼻炎の原因となります。
春におきるスギ、ヒノキ、初夏のカモガヤなどのイネ科の草花、秋のブタクサ、ヨモギなどのキク科の草花――などが花粉症の原因として有名です。
また、工場地帯や交通量の多い地域の大気汚染が、アレルギー症状を助長することが報告されています。
アレルギー性鼻炎は遺伝しますか?
親のアレルギー体質はお子さんに受け継がれることが多いと考えられ、両親や兄弟にアレルギー性鼻炎があると、アレルギー性鼻炎になる確率が高くなると言えるでしょう。
とはいえ、アレルギーのすべてが遺伝によって起こるわけではなく、生活の環境などとも関係があります。
アレルギー性鼻炎といわゆる鼻かぜを見分ける方法はありますか?
まず、鼻かぜは発熱を伴うことがありますが、一般的にアレルギー性鼻炎では発熱しません。
次に、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりの症状が、鼻かぜの場合は、一日の中で変化しませんが、アレルギー性鼻炎の場合、モーニングアタックと呼ばれるように朝方が激しく、加えて就寝時に悪化することもあります。
鼻みずについても、鼻かぜの場合は粘液性の鼻汁となりますが、アレルギー性鼻炎の場合は水様性の鼻汁が押さえる間もないくらい激しく出ます。
また、診察の際、鼻の中を見ると、鼻粘膜が鼻かぜでは赤くなりますが、アレルギー性鼻炎の場合は青白くむくんでいることが多いので、診断を付ける判断材料の一つになります。
アレルギー性鼻炎の診断や検査はどのようにするのですか?
まず、鼻の中の状態を観察し、アレルギー性鼻炎の疑いがある場合に行う検査方法には、
①特異的IgE抗体検査、
②皮膚試験、
③鼻粘膜誘発試験――などがあります。
これらの検査結果や問診結果を総合して、アレルギー性鼻炎の診断をつけます。
検査方法の1つ「特異的IgE抗体検査」は、採血して血液中のIgE抗体の数値を調べる検査です。
IgE抗体とは、体内に入ってくる異物を排除する人間の免疫の仕組みに関係する物質で、原因となる物質、例えば、スギの花粉やハウスダストなどとの接触を繰り返すうちに、この抗体が体内に蓄積され一定量を超えるとアレルギー症状が起こります。
そこで、血液中のIgE抗体の数値を調べることで、アレルギーの有無、またアレルギーがあるとしたら何に対するアレルギーかが分かるとともに、数値によりアレルギーの強さもある程度判断できます。
新宿駅前クリニック内科では、問診によりある程度の当たりをつけて、必要性があれば「IgE抗体検査」を行い、アレルゲンを特定します。スギ、ヒノキ、ハウスダスト、ダニなどのアレルギー持ちの方が多いです。

PAGE TOP