インフルエンザ予防接種(内科)・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 耳鼻科 ≫ インフルエンザ予防接種(耳鼻科)

インフルエンザ予防接種(耳鼻科)

予防接種を受けたからといって、インフルエンザには100%ならないというわけではありませんが、予防接種をすることでインフルエンザにかかりにくくなります。予防接種による発病阻止率は70%~90%です。また、発病してしまっても、ワクチン接種をしなかった方と比べると、重症化せずに治りも早くなります。
原則として1週間~4週間の間隔をおいて2回接種する必要があります。

インフルエンザ予防接種の費用

インフルエンザ予防接種の料金は、保険適用外になるため、病院やクリニックで料金設定をしています。病院により料金にばらつきがあるのは、この料金設定が違うからです。
◆ 当クリニックでは、ご予約不要で予防接種(1回)3000円(税込み)となっております。

インフルエンザ予防接種の効果

インフルエンザウイルスに対する抗体を作ることによって、完全ではないものの発病を阻止し、発病しても重症化しない効果があります。
接種後、約2週間で効果はあらわれはじめ、接種後1ヶ月で予防効果は最大となります。そして、接種後約5ヶ月間は効果が持続します。

インフルエンザ予防接種の接種時期

流行時期に入る前、11月が好ましいです。
インフルエンザが流行する時期は、年にもより違いはありますが、インフルエンザの抗体ができるまでに3週間~4週間かかります。
今までの統計で一番好ましい時期は11月です。遅くても12月中旬には受けましょう。

インフルエンザ予防接種の注意点

副作用として、接種から数日以内に、発熱や頭痛などの風邪のような症状があらわれることがあります。倦怠感やじんましんなどの全身症状が出る場合もあります。 また、接種後、注射をした部分が赤くなってしまったり、かたくなり痛みを伴う場合もあります。深刻な場合は医師に相談してください。

インフルエンザ予防接種 Q&A

インフルエンザを予防するためには、インフルエンザ予防接種を受けることが最も効果的です。予防接種を受けておけば、インフルエンザに感染しにくくなり、たとえ発病したとしても、症状が重症化せずに済み、治りも早くなります。また、周囲への感染を防ぐこともできます。忙しくてなかなか予防接種を受けに行く時間がとれないという方も多いと思われますが、インフルエンザに感染してしまうと、完全に回復するまで通勤・通学等を控えなければなりません。そうなると、かえって仕事等に支障をきたしてしまいますので、きちんと予防接種を受けておくことをおすすめします。

インフルエンザ予防接種を受ければ、インフルエンザにはかからなりませんか?
予防接種をきちんと受けても、絶対にインフルエンザにかからないとはいえません。成人の場合、発病阻止率は70~90%といわれています。しかし、予防接種を受けておけばインフルエンザにかかっても、予防接種を受けていない人に比べて症状が重くならずにすみ、治りも早くなります。
インフルエンザ予防接種はいつ頃受ければ良いですか?
インフルエンザワクチンの効果が有効になるのは、予防接種を受けてから2週間程度かかります。インフルエンザは例年12月下旬から流行し出すので、流行時期を迎える前の11月中には接種するのが良いでしょう。新宿駅前クリニック内科では、通常10月頃から接種を開始しています。
インフルエンザ予防接種回数は何回すればいいでしょうか?
1回の接種でも効果はあります。
インフルエンザ予防接種の副作用はありますか?
接種後、数日以内に注射部位が赤く腫れたり、硬くなったりして痛みが出ることがあります。また、発熱、頭痛、悪寒、下痢、倦怠感、蕁麻疹などの全身性の反応が起こることもあります。体調に変化があれば、速やかに医師の診察を受けてください。
予防接種の効果はどのくらい続くの?
インフルエンザワクチンの効果が十分に持続する期間は5ヶ月前後です。
インフルエンザワクチンは、予防接種後、約2週間で効果が出始め、1ヶ月程度で予防効果が最大になります。最大の効果が続くのは約2ヶ月間で、その後ワクチンの効果はゆっくり減少していきます。
インフルエンザ予防接種の注意点は、どのようなものがありますか?
インフルエンザワクチンは、原料に卵を使用しています。ですから、卵アレルギーがある方は注意が必要です。予防接種を控えるか、医師と相談してどうするか決めましょう。
また、接種当日に37.5度以上の発熱や風邪症状などの体調不良のある方は、予防接種を受けることができません。日をあらためて、体調の良い日に受けてください。
特に予防接種を受けた方が良い人は、どのような人ですか?
65歳以上の高齢者の方、慢性の病気で免疫機能が低下している方、小児はインフルエンザに感染すると特に重症化しやすいため、予防接種を受けた方が良いでしょう。また、同居している方なども予防接種を受けておくことをおすすめします。
インフルエンザ予防接種の費用は、どのくらいかかりますか?
インフルエンザの予防接種は任意なので、接種費用は自己負担となります。料金は医療機関によって異なりますが、だいたい3,000~5,000円のところが多いようです。
新宿駅前クリニック内科では、1回3000円(税込)で、ご予約不要です。

★★ インフルエンザお悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
予防接種を受ける病院によって効果が変わることはありますか?

(A)
ほぼありません。ワクチンを製造しているメーカーは数社ありますが、成分・効果はほぼ同じです。料金が高い(安い)からといって、大きな効果の違いはありません。

【ドクターからの一言】
インフルエンザの予防接種での阻止率は100%ではありませんが、発病を阻止する有効な方法です。慢性の持病で免疫力が低下している方や、お年寄りの方などは、インフルエンザを重症化させないためにも、家族の皆さんも一緒に接種することをおすすめします。不安なことがありましたら、どうぞ医師にお問い合わせください。

PAGE TOP