花粉症(内科)・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 耳鼻科 ≫ 花粉症(耳鼻科)

花粉症(耳鼻科)

花粉症の症状でもっともつらいのが鼻水です。
多くの患者様は、アレルゲンである花粉を吸い込むことにより、鼻水や鼻づまりに悩んでいます。
花粉症の症状は激しく、くしゃみが止まらないといったこともあり、不眠症に悩んでいる方も多く、日常生活に支障が出るため、病院での受診を強くおすすめします。
花粉症には通年性と季節性があり、季節性のものは症状の好発時期を計算しながら、内服薬を飲むことにより、症状を抑えられます。
日本では約20%の患者さんがおり、そのうち80%の患者さんはスギ花粉による発症です。

花粉症の検査

血液検査で花粉症の原因であるアレルゲンを特定し、日常生活に支障が出ないようにアドバイスをします。血液検査では、花粉が人体に入ったときにIgE抗体というものができるのですが、そのIgE抗体の血液中の量を測定し、原因となっている花粉の種類を特定します。花粉症の患者様に多いのは、スギ・ブタクサ・ヨモギ・カモガヤ・ヒノキです。

花粉症の治療法

花粉症の主な治療は薬物療法になります。初期の治療と、症状が出たあとの治療法は変わってきます。詳しくは医師にご相談ください。

【初期療法】
アレルゲンである花粉の種類を特定し、その花粉が飛散する時期を計算し、その約二週間前から予防として抗アレルギー薬と、点鼻薬を使用します。

【症状が出たあとの治療】
鼻水・鼻づまりには、抗アレルギー薬、点鼻薬を使用します。
現在の抗アレルギー薬は眠くなりにくい薬もありますので、仕事の最中にも使用できます。また、一日一回の服用で症状をコントロールすることもできますので、お気軽に医師にご相談ください。

花粉症 Q&A

花粉症とは、花粉によるアレルギー症状のことです。花粉が飛散する時期にだけ症状が現れるため、別名「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれます。主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみで、これらが花粉症の4大症状です。花粉症の原因となる花粉は、スギ、ヒノキなど春に飛散するものが原因となることが多いですが、なかにはブタクサやイネ科の植物による秋の花粉症の方もいます。

花粉症の主な症状は、どのようなものがありますか?
花粉症は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが4大症状といわれています。しかしそれだけではなく、目の周りのかゆみ、のどの違和感、体の皮膚のかゆみなどが現れる方もいます。また、くしゃみや鼻水などがひどくなれば、それに伴い、頭痛、睡眠不足、集中力欠如、イライラ感、食欲不振、気分が鬱になるなど、思わぬ悪影響が現れることもあります。
春は大丈夫なのですが、秋になるとくしゃみや鼻水など、花粉症とよく似た症状が現れます。これも花粉症でしょうか?
花粉症は、実は春だけではありません。秋になると花粉症になる方もいます。春に症状が出る春の花粉症の方は、スギ、ヒノキなどによるもので、なかでもスギ花粉による花粉症の方は日本人の5人に1人といわれています。
しかし、花粉症の原因となる花粉は、種類は違いますが基本的には1年中漂っているものです。スギやヒノキなど、春に飛散する花粉によってアレルギー症状を引き起こす人は特別多いですが、秋に飛散する花粉によってアレルギー症状を起こす人もけっこういます。秋の花粉症はブタクサやイネ科の植物などによるものが多いです。心当たりの方は医療機関を受診してみると良いでしょう。
春と秋の花粉症の違いは、どのようなものがありますか?
春と秋の花粉症では、まず、花粉症の原因となる花粉の種類が違います。春の花粉症の主な原因はスギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバなどの花粉であるのに対し、秋の花粉症では、ブタクサ、イネ科(ハルガヤ、オオカワガエリ、カモガヤ)、ヨモギなどの花粉が主な原因になります。また、飛散する花粉の量は秋の方が少ないです。
症状等は特に違いはないのですが、一つ注意した方がいいのは、秋の花粉は春に比べて粒子が細かいため、喘息を起こしやすいということです。
花粉症の治療方法を教えてください。
花粉症の治療は花粉症の症状が現れる以前に対策を始める初期療法、花粉症の症状が出始めてから行う薬物療法、体質を改善するための漢方薬による治療を行います。
市販の薬で済ませてしまうという方もいらっしゃいますが、市販の薬は鼻水、くしゃみは止めてくれますが、眠くなったり、口が渇きやすくなるというデメリットがあります。その点、病院で処方する薬は眠くなりにくいものもあります、健康保険も適用されるので、市販の薬を買うよりも費用の軽減になります。
花粉症は完治しますか?
残念ながら現在では、花粉症は一度発症すると完治することはないと言っていいでしょう。ただ、しっかり対策や治療をすることで症状を和らげ、花粉症の症状をほとんど気にならなくすることは可能です。
花粉の飛散する時期より前から対策をしておく初期治療は、症状を抑えるためには特に効果的です。また、生活習慣や生活環境を少し見直すだけでも症状が軽減されます。ストレスも花粉症には良くありませんから、あまり憂鬱にならず、花粉症と上手につき合っていくと良いでしょう。
花粉症の症状がつらくて、日常生活に支障が出ます。どうすれば良いですか?
花粉症などのアレルギーは、症状が悪化すると薬が効きにくくなることもあるので、早期に対策しておくことが重要です。これを花粉症の初期療法といいます。花粉症の初期療法では、花粉の飛び始める2週間くらい前から症状を抑える抗アレルギー薬を使用し、そのシーズンの症状を軽減させるようにします。スギ花粉症の初期療法の場合は、一般的には1月中旬頃から抗アレルギー薬を飲み始めます。
なお、最近ではニュースやインターネット等で花粉飛散予測が出るようになっていますので、花粉症の方はチェックしておくと良いでしょう。
花粉症は何科を受診すれば良いでしょうか?
一般的に、花粉症は、内科、耳鼻科(耳鼻咽喉科)、アレルギー科、眼科などを受診します。くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻症状のみの方は内科、耳鼻科(耳鼻咽喉科)を、目のかゆみ、目の充血などの目の症状のみであれば眼科を受診してください。両方の症状のある方は、まずは内科、耳鼻科(耳鼻咽喉科)を受診し、必要に応じて眼科を受診するのが良いでしょう。

★★ 花粉症お悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
花粉症を持っており、毎年時期がくると鼻水が止まりません。症状はつらいのですが仕事を休めないので眠たくならにくいお薬を貰いたいのですが可能ですか?

(A)
お仕事の最中に服用する場合は、医師にご相談ください。特に車を運転するお仕事や危険を伴うお仕事の方は注意が必要です。新宿駅前クリニック内科では、一日一回の服用で眠くなりにくいお薬を処方することもできますので、お伝えください。

【ドクターからの一言】
花粉症に悩んでいる患者さんは実に多く、慢性化しやすい病気ですので治療が長引くこともありますが、正しいお薬の処方で症状は軽くなります。つらい症状が続き不眠などが続く場合は、お気軽に医師にご相談ください。

PAGE TOP