風邪(内科)・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 耳鼻科 ≫ 風邪(内科)

風邪(内科)

風邪症状の一つでつらいのが鼻水ですが、市販薬ですと、眠くなりやすい成分が入っている場合もございます。新宿駅前クリニックでは、眠くなりにくい風邪薬も処方しておりますので、お気軽にご相談ください。

風邪 Q&A

風邪とは、正確には風邪症候群といいます。急性上気道炎、感冒などとも呼ばれます。ウイルスや細菌が鼻、のど、気管支などに侵入して感染し、急性の炎症を起こす病気です。

風邪の原因は、どのようなものがありますか?
ほとんどの場合、風邪の原因はライノウイルスやアデノウイルスなどのウイルスによるものです。溶連菌などの細菌が感染して起こる場合もあります。まれですが、マイコプラズマ、レジオネラなどの感染が原因となることもあります。風邪の原因となるウイルスや細菌は、200種類以上もの種類があることがわかっています。
感染は、ウイルスや細菌が、咳、くしゃみ、手などから直接鼻や口へ入って起こりますが、誘引となるのは、乾燥や寒冷、温度変化、疲労や睡眠不足などです。
風邪の症状は、どのようなものがありますか?
風邪の症状は、よく知られているとおり、のどの痛み、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、痰などの呼吸器症状が中心です。その他にも、全身症状として発熱、倦怠感、食欲低下、頭痛、筋肉痛、関節痛などが現れる場合も多いです。おなかの風邪の場合もあり、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの消化器症状が起ります。
風邪の治療方法を教えてください。
風邪の治療は、何といっても休養を十分にとることです。それと合わせ、症状に合わせて薬物治療を行います。
風邪をひいた場合、自己判断で市販の薬を使う方も多いと思います。しかし、病院で処方される薬が症状に合わせて処方してあるのに対し、市販薬は誰が使ってもいいように成分が調整されているため、薬の効果が現れにくい場合もあります。また、細菌の感染による風邪の場合は、抗生物質が必要となります。これは市販されておらず、病院での処方が必要ですので、風邪をひいた場合はきちんと内科や耳鼻科(耳鼻咽喉科)を受診することをおすすめします。
風邪の合併症とはどのようなものがありますか?
風邪にかかると抵抗力が落ち、様々な合併症を引き起こす危険があります。例えば、肺にウイルスや細菌が波及して肺炎になることもありますので、ただの風邪といって侮ってはいけません。
風邪薬を飲むと眠くなってしまうので、通勤や仕事に影響が出るのですが・・・
新宿駅前クリニック内科では、眠くなりにくい風邪薬も処方しております。風邪薬を飲むと眠気が心配という方は、お気軽にお申しつけください。
風邪を早く治すためには、どんなことに気をつければ良いですか?
室温を適度に保ち、部屋が乾燥しているようであれば加湿して湿度にも気をつけましょう。汗をかくと、汗が蒸発する時に体温も一緒に奪ってしまうため、汗をかいたらそのままにせず着替えましょう。
水分はいつもより少し多めにとるようにし、食事はおかゆやおじやなど消化の良いものを食べるようにしてください。アルコールや刺激の強い食べ物は胃腸に負担になるので控えましょう。
風邪薬はなぜ眠くなることかあるのですか?
ドラッグストアなど市販の風邪薬には、抗ヒスタミン薬成分が含まれていることがありますが、眠くなることが多いです。抗ヒスタミン薬は、発売された年代を目安に、第一世代抗ヒスタミン薬、第二世代抗ヒスタミン薬、第三世代抗ヒスタミン薬などに分けることができます。
第一世代抗ヒスタミン薬より、第三世代抗ヒスタミン薬の方が、眠気が起こりにくいのですが、第三世代では改良されています。
第三世代抗ヒスタミン薬は、アレグラ、アレロック、クラリチン、ジルテック、エバステルなどが挙げられます。
特に、アレグラ、クラリチンは、眠気が起こりにくいとされています。
風邪は、何歳くらいから診療していますか?
新宿駅前にある当院耳鼻科にいらっしゃる方は、働いている人がほとんどなので、あまりお子さんはいらっしゃいませんが、中学生以上の人は問題なく、風邪の診療しています。新宿の耳鼻科(耳鼻咽喉科)の中でも、風邪、インフルエンザ、花粉症に特化して診療しています。
インフルエンザや、溶連菌など、風邪症状のある病気はどうやって診断しているのですか?
インフルエンザの場合は、細い綿棒で鼻の粘膜を擦り、インフルエンザ迅速検査キットを使い、検査をおこないます。
溶連菌の場合は、細い綿棒で鼻の粘膜を擦り、溶連菌迅速検査キットを使い、検査をおこないます。
いずれも、迅速キットなので、10分前後で判明しますので、再度医師からの結果説明となります。
血液検査は、おこなっていますか?
風邪症状の方でも、必要性があれば、採血して血液検査をおこないます。白血球やCRPの値をチェックします。

★★ 風邪お悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
くしゃみがひどいのですが、やはり風邪以外考えられませんか?

(A)
くしゃみは、風邪の症状として代表的なものですが、もちろん他の病気も考えられます。花粉症や、急性鼻炎、アレルギー性鼻炎、血管運動神経性鼻炎も考えられます。また、くしゃみを伴う鼻の不快感で来院した子どもの患者さんの鼻の中に小さなオモチャが入っていたというケースもあります。医師が視診の後、くしゃみの経過や全身症状をお聞きし、最終的な診断をします。

PAGE TOP