口唇ヘルペス・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ| 耳鼻科 泌尿器科も対応

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

耳鼻咽喉科領域

性病・泌尿器科

HOME ≫ 皮膚科 ≫ 口唇ヘルペス

口唇ヘルペス

風邪をひいたときなど、唇の一部に小さな水泡が集まってできる病気です。
ヘルペスウイルスの感染によるもので、合併症がなければ7日~14日ほどで自然に治る場合が多いのが特徴です。皮膚科で処方された抗ウイルス剤を飲むことにより軽く済む場合がほとんどです。

口唇ヘルペスの原因

単純ヘルペスウイルスが皮膚に感染することにより、口の周りにごく小さな水泡ができます。このウイルスは普段、神経の根元に潜んでいます。発熱や疲れなどが溜まり体力が低下している時や、免疫力が低下していることにより誘引され発症します。
また、最近はストレスによる口唇ヘルペスの発症例が多くなってきています。ストレスは睡眠障害や胃腸障害なども引き起こすため、体力が低下し、口唇ヘルペスになりやすいのです。他には過度の紫外線を浴びたことによる発症も報告されています。

口唇ヘルペスの症状

最初は唇にムズムズとした違和感を感じます。その後ヒリヒリしたり、かゆみが生じ、皮膚が赤くなった後に水泡ができます。数日間で自然治癒することが多く、後が残る心配はほぼありません。

口唇ヘルペスの治療法

特別な検査を要さないことが多く、皮膚の状態を見て診断が可能です。

口唇ヘルペスの検査

ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス剤の内服が中心となります。比較的、症状の軽い患者さんには、抗ウイルス剤の塗り薬のみでの治療も可能です。また、痛みが強い場合は鎮痛剤も合わせて処方する場合があります。

口唇ヘルペス Q&A

口唇ヘルペスとは、風邪で熱が出た後や疲れている時などに、くちびるの周りに水ぶくれができ、ウズウズとしたかゆみをともなって痛む病気です。

口唇ヘルペスの原因は何ですか?
口唇ヘルペスの病原体は、単純ヘルペスウイルス1型です。
このウイルスは、小児の場合、感染しても明らかな症状が出ることはあまりありません。
また、乳幼児や思春期以降の方でも感染すると症状が出ますが命に関わるようなことはありません。
このウイルスが厄介なところは、最初の感染で症状が出ても出なくても、一度感染すると人間の神経細胞の中に隠れ潜んでしまうことです。
ウイルスが隠れ潜んでいる時はヘルペスの症状は出ませんが、体力が落ちて免疫力が低下すると、急に出てきて暴れ出すのです。
単純ヘルペスウイルスにはどのように感染するのですか?
口唇ヘルペスなどのヘルペスは、感染している人との接触によって移ります。
単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、感染経路としては、直接的な接触のほかにウイルスがついたタオルやコップなどを介しても感染します。
そこで、親子や夫婦など親密な間柄で感染することが多いとされます。
また、感染してもすぐには症状が出ず、何年もたってからはじめて症状が出ることがあります。
口唇ヘルペスの症状を詳しく教えてください。
口唇ヘルペスの症状は、はじめくちびるや口の周り、鼻の下などの一部が赤くなり、しばらくするとその上に小さな水ぶくれができてきます。
患部には軽いかゆみや、ウズウズ感、ほてり、痛みなどを感じます。
通常は、水ぶくれからかさぶたとなり、7~14日くらいで治まってしまいます。
時には、同時に口内炎の症状が出ることもあります。
なお乳幼児や成人の初感染の場合は、体調などで異なりますが、くちびるや口の周りの広範囲にやや大きめの水ぶくれが多発し、発熱、あごの下のリンパ節の腫れなども現れますが、再発の場合は、一部に限局し軽症で治まります。
口唇ヘルペスって治療した方がいいのですか?
確かに再発の口唇ヘルペスは、放っておいても2週間もすれば自然に治るのですが、クリニックで適切な処置をすれば、そして、処置が早ければ早いほど、症状は軽くなり回復も早くなります。
再発を繰り返す方は、なんとなくウズウズとした予感を感じると思うので、その段階で受診することをお勧めします。
口唇(こうしん)ヘルペスの治療法はどのようなものですか?
口唇ヘルペスの治療は、主に、ウイルスが増えるのを抑える働きがある抗ヘルペスウイルス剤が使われます。
口唇ヘルペスの治療に用いられる抗ヘルペスウイルス剤には、内服薬と塗り薬があり、病気のある場所や症状の程度などにより使い分けられています。

★★ 口唇ヘルペスお悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
口唇ヘルペスは軽い病気なのですか?

(A)
風邪などで体力が低下したときに、悪さをするのが単純ヘルペスウイルスです。自然治癒も可能な病気ですから、重くなることはまずありません。しかし、ときにこのウイルスが神経を介して脳に達し、脳炎を引き起こすこともあります。家族の中に口唇ヘルペスの方がいるときは、早めに受診が必要です。

【ドクターからの一言】
どのような病気にも言えることなのですが、「一般的に大きな病気の括りではなく、軽い病気なので放っておいた」という話を耳にすることがあります。早めの皮膚科受診を心がけてください。早期治療をすることにより治りが早くなります。

新宿駅前クリニック皮膚科では、ヘルペスの出始めでも、対応できるよう、予約不要で保険診療をおこなっております。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP