魚の目・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 皮膚科 ≫ 魚の目

魚の目

かたくなった皮膚の中心に芯があり、押したりつまんだりすると痛みを伴います。
特徴としては、魚の目は足の裏にできることが多く、角質層がクサビ型に増殖し、歩行時に痛みがあります。
名前の通り、魚の目に似ていることから「魚の目(うおのめ)」という病名がつきました。
魚の目の治療は比較的簡単ですが、再発しやすいので予防が大切とされています。

魚の目の症状

歩行時に、足が地面につくことによる圧迫で、強い痛みを伴います。
患部の中心に芯があり、押したりつまんだりしても強い痛みが生じます。

魚の目の原因

長時間の立ち仕事や、合わない靴を履いていること、またはスポーツなどでできてしまう可能性があります。連続的な刺激によって生じることが多い病気です。

魚の目の検査

特別な検査はありません。
皮膚表面を少し削り、その状態を見て診断が可能です。
患部の中央に角栓があり、その周囲に角質肥厚があれば、魚の目と診断します。

魚の目の治療法

痛みの原因である魚の目の中心にある角質柱を円錐型に削ります。
魚の目が大きくて深い場合は、角質を柔らかくしてから削る必要があります。(数日前からスピール膏を貼ります)

魚の目 Q&A

魚の目とたこは、どちらも皮膚の一部分の角質がどんどん厚くなってきて痛む皮膚の病気です。
また、たこのことを医学的には胼胝(べんち)と言います。

魚の目とたこの違いは何ですか?
長時間、ある特定の部位の皮膚に圧迫や摩擦が繰り返し行われると、皮膚を守るための防衛反応が働き、角質がどんどん厚くなっていきます。
これが、いわゆるたこと呼ばれるもので、通常、皮膚表面が厚くなるだけなので痛みはほとんどなく感覚が鈍くなる程度ですが、放っておくとさらに硬くなって、圧迫でその下の皮膚組織に痛みを感じることもあります。
一方、魚の目も、たこと同じように皮膚を守るための防衛反応が働き、角質がどんどん厚くなるのですが、たこのように皮膚の表面が徐々に厚く硬くなるのではなく、皮膚の内側に向かって楔形に肥厚し、やがて芯ができます。
やがてこの芯が、痛みを感じる真皮層に達するため、外部から刺激を受けると刺すような痛みが走ります。
魚の目やたこの原因は何ですか?
魚の目やたこは、皮膚に対する圧迫や摩擦が、長時間、集中して起こりやすい部位にできるということから、足裏や足指の関節部分が最もできやすい部分です。
なぜなら、足裏や足指は、いずれも靴による圧迫や摩擦を受けやすい場所だからです。
ですから、自分の足のサイズに合っていない靴を長時間履き続けることは、特に魚の目やたこができやすい状態です。
そこで、足に魚の目やたこができやすい人は、履いている靴を見直したり、中敷の厚みを調節するなどして、自分の足型に合わせ、圧迫や摩擦が起こりにくくなるような工夫をすることが必要です。
また、はさみを長時間使うなど、特定の作業を続ける職業の方は、ある特定の部分に魚の目やたこができやすいと言えます。
魚の目やたこは放っておいてもいいのですか?
魚の目やたこは、皮膚病の一種ですが、そのほとんどが良性なので、必ずしも治療して除去しなければならないというものではありません。
また、市販のスピール膏などによる自宅でのケアによって症状を軽減することも可能です。
ただし、特に魚の目の場合、足の裏にできたりすると、神経を圧迫し激しい痛みを伴うので日常生活に支障を来すこともあり、取り除く必要性に迫られる場合も出てくるでしょう。
なお、中には悪性腫瘍を魚の目だと勝手に思い込んで自己治療し、症状が悪化してしまって取返しがつかないというケースもあるので、できれば一度、受診することをお勧めします。
魚の目やたこの治療方法を教えてください。
一般的に行われている魚の目やたこの治療を2つ、ご紹介します。
まず、1つは、患部の皮膚を凍結し壊死させてから除去する方法です。
魚の目やたこの大きさや症状の進行程度によって異なってきますが、通常、一度では取りきれず、期間をおいて複数回繰り返します。
凍結剤は、主に液体窒素(―196℃)が使用されますが、綿棒などに染み込ませた液体を患部に押し当てる際に、刺すような痛みを感じます。
また、治療後は火傷の状態になるので、しばらくは塗り薬によるその手当が必要です。
また、魚の目の場合は、痛みの元である芯を取り除くことが必要なので、患部を直接メスで切開し、芯を取り除く外科手術が行われる場合もあります。
切開する際には、予め、スピール膏などの薬品を使って患部の皮膚を柔らかくしておく場合も多いようです。

★★ 魚の目お悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
魚の目ができやすいのですが、予防策はありますか?

(A)
足の裏にできる魚の目は予防が難しいのですが、まずは、靴のチェックをしてみてください。ハイヒールなどのつま先が細いデザインの靴を長時間履いていると、魚の目ができることが多いのです。できるだけ、足への圧迫が均等になるような靴を選びましょう。

【ドクターからの一言】
魚の目は、強い痛みを生じることが多いので、早い段階での治療をしましょう。
魚の目の治療は、その深さによって、数回の処置が必要な場合があります。同じ事を繰り返す治療は、負担に感じることもあると思いますが、魚の目治療には根気強さが必要です。
また、魚の目は再発することが多いので、今後の予防策などは医師のアドバイスをお聞きください。

新宿駅前クリニック皮膚科では、お忙しくて病院にかかりにくい方でも通いやすいように、予約不要で保険診療をおこなっております。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP