湿疹・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ| 耳鼻科 泌尿器科も対応

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

耳鼻咽喉科領域

性病・泌尿器科

HOME ≫ 皮膚科 ≫ 湿疹

湿疹

かゆみがあり、赤み(紅斑)ぶつぶつ(丘疹)水ぶくれ(水泡)ができます。
かゆみのため、ひっかいてしまい、ただれてじくじくし、かさぶたができます。
こうした皮膚の変化が混ざり合っておこるのが、湿疹、皮膚炎です。
こういった皮膚の変化が繰り返され、慢性化してしまうと、皮膚がかたくなり(浸潤・肥厚)、ざらざらし(苔せん化)、色がついてきます(色素沈着)。
症状が重くならないうちに皮膚科を受診してください。

湿疹の原因

主な理由は、体質的なものやアレルゲン、外部からの刺激、内部からの刺激などが挙げられます。湿疹にはかゆみを伴う場合が多く、患部を掻いてしまうことで炎症が酷くなってしまいます。湿疹は急性湿疹と慢性湿疹に分けられます。医師による適切な診断と治療を要します。

湿疹の検査

特に必要としません。問診と、皮膚の状態を見て診断します。
水虫の可能性がある場合は、皮膚の一部を採取することとなりますが、大きな痛みはありません。
また、湿疹の原因が体の内部からきている可能性がある場合は、血液検査をすることもあります。

湿疹の治療

患部の状態に応じたかゆみ止めの塗り薬や、皮膚が乾燥している場合は、保湿剤を処方します。
また、抗アレルギーの飲み薬を処方することもあります。
皮膚の状態や経過などにより、お薬の強さなどを変えていきます。

湿疹 Q&A

湿疹は、皮膚の表面に刺激が加わることで、軽いむくみを伴う赤いブツブツが出る皮膚疾患の一つで、皮膚炎と言われることもあります。
湿疹の赤いブツブツは、やがて水ぶくれとなったり、さらに化膿してびらんし、かさぶたができたりします。
このようなジュクジュクした状態の湿疹を急性湿疹と言います。
そして、湿疹が再発を繰り返すと、今度は皮膚がカサカサと乾燥して厚ぼったく硬くなり、時にはひび割れができたります。
このような状態になった湿疹を慢性湿疹と言います。
湿疹は、また、湿疹の状態により、体のある部位一面に広がっている場合を瀰漫性(びまんせい)湿疹、斑状の湿疹を局面型湿疹または斑状(はんじょう)湿疹、皮膚が角化して苔が生えたような場合を苔癬化型(たいせんかがた)湿疹と分けることや、患者さんの年齢により、成人の湿疹を湿疹、子どもの湿疹を小児湿疹、赤ちゃんの湿疹を乳児湿疹と分けることもあります。

湿疹はどうしてできるのですか?
皮膚は従来、外界の様々な刺激から生体を守るバリアの働きを持っています。
ところが、刺激が強すぎて皮膚のバリアでは防ぎきれないような場合に起こるのが湿疹と考えていいでしょう。
また、普段は大丈夫な刺激でも、その時の身体の状態や心の状態、皮膚の状態が悪いときには湿疹が出たり、他の方は大丈夫でも、アレルギー体質や免疫力が低下している方では湿疹が出てしまうなど、生体側の状態も関係しています。
また、刺激を与えてしまう原因は、洗剤や化粧品、冷気や暖気、細菌感染、花粉やハウスダストなどのアレルゲン――などです。
かぶれも湿疹と同じように外部からの刺激で皮膚に炎症を起こす皮膚の病気ですが、接触皮膚炎とも言われ、湿疹の中でも特に外部からの刺激によることがはっきりしている場合を指します。
湿疹には種類があるのですか?
分類や鑑別が難しい場合は、湿疹あるいは皮膚炎と呼ばれますが、病名がついている湿疹もあります。
皮膚に接触した様々な物が原因で発生した湿疹を接触性皮膚炎、手のひら、手の甲、指などに発生する湿疹を手湿疹、かゆい湿疹が両肘の内側や関節部にできて、季節の変わり目や夏季や冬季に悪化するアトピー性皮膚炎なども、湿疹の一種です。
単に急性湿疹や慢性湿疹とよばれるものは、一般的には、
①程度の軽い、
②罹病期間の短い、
③原因がはっきりしない、
④余り再発しない――湿疹と言えるでしょう。
湿疹の治療はどのように行うのですか?
治療の基本は、ステロイド剤の外用薬です。
また、皮膚を乾燥から守るための保湿剤やかゆみを抑える抗アレルギー剤の内服薬を補助的に使います。
ステロイド外用薬は、皮膚の炎症を抑える効果的な治療薬で、様々な強さのお薬が多種類あるので症状に応じて、強さを自由に調節できます。
湿疹の状態やできている場所によって、軟こう、クリーム、ローションなどを使い分けます。
ステロイド外用薬について、あまり使いたくないと思っている患者さんもいらっしゃいますが、医師のもとで症状に応じて適切に使えば、副作用のリスクを最小限に抑えつつ、早期に効果が得られる有効な手段です。

★★ 湿疹お悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
突然湿疹が出た場合の対処法はありますか?

(A)
湿疹は、その病気の成り立ちから炎症のひとつと言えます。ご自分でできる対処法としましては、安静・冷却(氷や水によるもの)・高拳(患部を心臓よりも高く上げる)というものが原則です。また、患部への刺激を控えてください。長い髪の毛は束ねておく、熱いお風呂はかゆみを増幅させるので控えましょう。
湿疹は、症状が重くならないうちに、皮膚科で受診をしてください。原因によって治療方針や日常生活での注意点、予防方法が違います。

【ドクターからの一言】
激しいかゆみや、広い範囲で病変が一週間以上続いている場合や、毎年同じ時期にできる場合、または特定のもの触ると出てくる場合などは、早めの受診をしてください。
外からの刺激や、体の中に取り込んだことによる外因性もの、あるいは、体質や体内の変化を基盤としておこる場合もあるのです。
早めの診断を受けて、適切な治療をする必要があります。病気の性質を理解し、つらい症状を軽減させ、完治にむかわせましょう。

新宿駅前クリニック皮膚科では、予約不要で保険診療をおこなっております。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP