おでき・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内科(耳鼻科領域)

性病・泌尿器科

HOME ≫ 皮膚科 ≫ おでき

おできとは

毛の根本には毛包と呼ばれる皮膚付属器官があります。その毛包に細菌が侵入し炎症を起こしたものが「おでき」です。

毛が生えている部位ならどこにでも、おできができる可能性はあります。したがって足の裏などは毛根がないためおできはできないことになります。
全身といっても顔や胸、背中、お尻などは最も発症しやすい部位となります。

また、おできは子供から大人まで年齢層に関係なく生じ、毛穴の汚れや免疫力の低下などが引き金となって細菌が繁殖するケースが多いとされています。

おできの「癤」とは毛穴一つの感染と炎症で生じたできもののことで、複数の毛穴の場合は連なった炎症となり「癰(よう)」という病名になります。他にも一般的におできが顔にできると一般的には「面 疔(めんちょう)」ともいわれます。

おできと毛嚢炎は丘疹の生じ方は同様ですが、炎症によって破壊された組織の範囲によって区別されているものです。

おできの症状

おできの初期症状は、赤色の小さな腫れというものが一般的です。おできは徐々に大きくなり、おできの頂上が白く膿を持ったり、触ると痛みを生じるようになることもあります。
炎症もピークに達すると、おでき周囲にも熱感を感じ、触れなくてもじんじんとした痛みなども起こります。

白い膿溜まった部分に小さい穴が開くことで炎症によって生じた白血球や細菌の残骸、皮脂などの老廃物が膿となって排出する状態になります。排膿後は痛みも腫れも軽減し治癒に向かいます。
おできが複数の毛穴から生じた場合は腫れや痛みも多くなり症状が重くなることがあります。

新宿や西新宿、または周辺からの患者さんが当院皮膚科を受診されますが、赤くはれたできものは、全ておできと思っている方が少なくありませんが、異なることもあります。

同じような症状でもいろいろな皮膚疾患が考えられますので、皮膚に異常が起きた場合は放置せずに早めに皮膚科受診することをおすすめします。

おできの治療

おできの治療は細菌を死滅させることが主軸となりますので、抗菌剤で対処していきます。
おできの程度が重症化している物に対しては、切開を行い排膿します。
内服薬にはセフェム系の抗生物質など、患者さんに合ったものを処方していくことになります。

新宿や西新宿近辺にお住まいお勤めの方を中心に当院皮膚科では診療していますが、「おできのようなものができました」という訴えを持って来る患者さんが少なくありません。

「おできくらい病院に行かなくても大丈夫」と市販の外用薬を適当に使用すると、効果が不十分なこともあります。
一つ一つ病名が違うように治療方法も違ってきますので、皮膚科でしっかりと正しい治療を受けるようにしましょう。

PAGE TOP