水虫・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ| 耳鼻科 泌尿器科も対応

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

耳鼻咽喉科領域

性病・泌尿器科

HOME ≫ 皮膚科 ≫ 水虫

水虫

白癬菌とは

病気をおこすカビ(真菌)のことです。
皮膚の浅い部分(角質層)に寄生しています。
通常、人にカビははえないはずなのですが、湿気・通気性の悪さ・免疫力の低下などの条件が揃ってしまった場合、カビの育成にとっては好条件ですので簡単にはえてしまいます。

水虫の症状

小さな水ぶくれがたくさんでき、強いかゆみを伴います。
多くの患者さんは、かいてしまったり、自分で皮を破いてしまうため、かぶれやただれをおこし、悪化してしまいます。
また、化膿菌が侵入してしまった場合、足が腫れあがりリンパ管炎となってしまいます。

水虫の検査

医師が視診した上で、皮膚や爪の一部をとって白癬菌がいるか顕微鏡で検査をします。
患部に薬を塗っていると、薬の油分により、白癬菌を確認できない場合があります。入浴して薬を落としてからの受診をお願いしています。

水虫の治療法

塗り薬での治療が中心となります。
患部や、患部の周囲に塗ることにより、白癬菌を殺したり白癬菌の成長を抑えることができます。こまめに塗ることが大切です。
また、内服薬を処方することもあります。
内服薬は、塗り薬では白癬菌のいる場所には届かない場合に、体の内側から作用する効果があります。

水虫の注意点

一見、水虫に見えても、実は違う病気だったという患者さんが多いので、自己判断はせずに皮膚科の受診をしてください。

水虫 Q&A

水虫は、白癬菌(はくせんきん)という真菌が皮膚の角質層に感染し、寄生することで生じる皮膚疾患で、皮膚がただれたり、激しいかゆみを伴ったりします。
一般的には水虫は足にできるというイメージがありますが、白癬菌は手や頭、爪など人間の体のあらゆる場所に感染し寄生します。
水虫は放っておいて自然に治るということはなく、患部が広がって症状が悪化してしまいます。
また、タオルやお風呂場のマット、スリッパなどから家族へ感染させてしまうこともありますので、発症したら一日も早く治療することが大切です。

水虫は男性特有の皮膚疾患ですか?
以前は、水虫の患者さんは圧倒的に男性が多かったのですが、近年では、夏でもブーツを履いたりして足が蒸れることで、水虫になる女性が急増し、現在では、男女の比率はほぼ同じと言われています。
また、日本人の5人に1人とも言われています。
水虫が発症する場所は足だけですか?
水虫は、身体のあらゆる場所に感染して寄生し、その場所によって呼び名や症状が異なります。まず、足に感染したものを足白癬(水虫)と言います。一般的に水虫と言えばこの足白癬のことを指し、患者さんが一番多い水虫です。
次に、爪に発症した場合は爪白癬と言います。
市販薬での治療は難しく、皮膚科の受診をお勧めします。
水虫は手に出ることもあり手白癬と言います。
通常、手だけに発症することは少なく、足や股部の水虫を手で掻いているうちに感染してしまうことが多いようです。
また、頭に出る水虫を頭部白癬と言います。
頭の地肌に発症し、激しいかゆみがあるのが特徴で、地肌に白いかさぶたのようなものができることからしらくもとも呼ばれてます。
次に、股部に発症する水虫を股部白癬(いんきんたむし)と言います。
股部や陰嚢(いんのう)の付け根付近、お尻などに感染・寄生し、患者のほとんどが男性です。
通常、陰嚢にかゆみやただれがある場合は、陰嚢湿疹であることがほとんどで、水虫治療薬を塗ると湿疹が悪化しますので、皮膚科で診断をしてもらうことが重要です。
さらに、水虫は、背中やお尻などの体部に感染することもあり体部白癬(ぜにたむし)と呼ばれています。
背中、腹部など比較的広い部分に発症し、リング状の皮疹が浮き上がるのが特徴です。
足の水虫にはいくつかのタイプがあるのですか?
足の水虫は、発症する場所や症状によって、
①小水疱型水虫、
②趾間型水虫、
③角質増殖型水虫――の3タイプに分けることができます。
小水疱型水虫は、足の側面や土踏まずに赤みを帯びた小さな水疱ができます。
強いかゆみを伴い、掻きむしって水疱が破裂すると患部が化膿したり、強い痛みが出ることもあります。
この水虫は、冬場の発症は少なく梅雨や夏場の湿度の高い時季によく見られるタイプです。
次に、趾間型水虫は、指の間、特に密着しやすい薬指と小指の間に多く発症し、皮膚がふやけて痒みを伴って皮が剥け、赤くただれて痛みが出ることもあります。
このタイプの水虫は、患部を不衛生にしていると二次感染を起こすこともあるため注意が必要です。
この水虫も冬場の発症は少なく、梅雨や夏場の湿度の高い時期によく見られます。
3つ目の角質増殖型水虫は、かかとなど足の裏全体に発症し、かかとや足の裏全体の角質が厚くなり、皮膚が剥がれ落ちたりします。
かゆみなどの自覚症状はほとんどなく、慢性化して治りが遅いという特徴があります。
また、高齢の男性に多く見られ、1年を通して発症し、空気が乾燥する冬場に悪化することもあります。

★★ 水虫お悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
水虫になりやすい人はいますか?

(A)
いつも長靴を履いている方や、水仕事などで常に足が湿っている方、一日を通して靴を履いている時間が長い方は、足の乾燥や足の清潔が保ちにくいため、水虫になりやすいとされています。また、家族に水虫の方がいると白癬菌が感染してしまうこともあります。

【ドクターからの一言】
水虫の予防は、乾燥と清潔がポイントです。また、家族に水虫の患者さんがいるときには、普段の生活ではうつってしまうことはあまりないのですが、お風呂のバスマットやスリッパなど、風通しが悪く湿気を含む場所では、うつってしまうこともありますので、そういった物は、一緒に使用しないようにしてください。

新宿駅前クリニック皮膚科では、予約不要で保険診療をおこなっております。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP