肌荒れ・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 皮膚科 ≫ 肌荒れ

肌荒れ

肌荒れというと、ニキビや吹き出ものを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでは、乾燥肌による肌荒れを説明していきたいともいます。乾燥肌は、皮膚の水分量が減少し、カサカサしている状態をいいます。
症状が悪化するとかゆくなり、皮膚が乾燥することによって粉をふいてしまいます。
市販薬で症状を抑える患者様も多くいますが、一向に治らない、もしくは悪化していくようであれば皮膚科を受診してください。

肌荒れの原因

年齢とともに、皮膚を保護する皮脂の分泌が少なくなり、乾燥などによる刺激でおこります。

肌荒れの症状

悪化していくと、かゆみを伴います。かくことにより症状は悪化していき、湿疹が出る場合もあります。(または、湿疹が出やすくなります)

肌荒れの検査

特別な検査はありません。医師による視診が中心です。

肌荒れの治療法

脂分と水分を補うための保湿剤を処方します。こまめに塗ることで、患部に潤いが保たれ通常の皮膚に戻ります。
また、皮膚の状態や経過によって深刻な場合は、ステロイド外用薬や、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬の内服薬を処方することもあります。

肌荒れ Q&A

女性ならなんとかしたい肌荒れですが、きちんと病名もあり、正確には皮脂欠乏症(乾皮症)といいます。
肌は、皮脂が減ることにより皮膚の水分量が低下し、乾燥してカサカサしてきます。肌が乾燥状態になると、外からの刺激に対して敏感になり、皮膚表面で炎症が起こり、肌荒れが起きてしまいます。
また、乾燥症状が進むとかゆみを伴い、湿疹ができます。これは皮脂欠乏湿疹と呼ばれ、湿度が低下する秋から冬にかけて起こりやすくなります。乾燥してカサカサになった皮膚をかきむしってしまうことによってできることも多いです。

肌荒れの原因はどのようなものがありますか?
肌荒れの原因は、疲れ、ストレス、季節の変わり目など様々ありますが、原因がはっきりしないこともあります。また、女性で特に多いのは、化粧品や、つけまつ毛によるかぶれです。 一方、男性では、髭剃り負けによるかぶれが多くなっています。
肌荒れはどうしたら治りますか?
重要なことは、肌荒れの原因を取り除くことです。乾燥している場合は、保湿剤などの外用薬を使用します。炎症が強い場合は、ステロイドの外用薬やかゆみを抑える抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬を内服することもあります。肌荒れの治療では、症状に合わせて薬を調節することが重要です。
また、女性の化粧品によるかぶれの場合は、まずは化粧品の使用を中止し、できるだけ刺激の少ない化粧品(敏感肌用)を使用すると良いでしょう。男性の髭剃り負けの場合は、できるだけ髭を剃らずにケアすることが必要になります。T字髭剃りよりは、電気シェーバーの方が刺激は少ないので、使用してみると良いでしょう。
その他、日常生活においては、加湿器などを使用し、部屋の湿度を上げたり、刺激の強い衣服の着用を避ける、石鹸を使いすぎない、タオル等で肌をこすりすぎない、熱いお風呂に入らないようにするなど、肌をできるだけ刺激から守ることが大切です。
年齢が上がるにつれて、肌荒れがひどくなるのはなぜですか?
肌のうるおい成分は、皮膚の表面にある皮脂から分泌されるのですが、年齢とともにその皮脂から分泌されるうるおい成分の量は低下してしまいます。そのため、年齢が上がるにつれて肌が乾燥しやすくなり、外からの刺激に対して敏感になり、肌荒れが起こりやすくなります。しかし、年齢のせいとあきらめず、しっかりケアしていけば症状は改善されます。
きちんとケアしているのに肌荒れが改善されません。どうしたらいいですか?
きちんとしたケアをしているにも関わらず、一向に肌荒れが改善されない場合は、肌荒れの原因が内臓疾患にあるのかもしれません。内臓のはたらきと肌の状態は密接に関係し合っており、内臓疾患の前触れとして肌荒れが起こるのはよくあることです。例えば、便秘などで腸のはたらきが鈍っている状態が続くと、顔にニキビができやすくなることがあります。

★★ 肌荒れお悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
乾燥肌なので、毎日スキンケアをしているのですが、冬はどうしても肌の調子が良くありません。どうしたらいいでしょうか?

(A)
乾燥肌は体質的な要素も多いのですが、お部屋に一定の湿度を保つことが重要となります。冬は乾燥しやすいので、加湿器などでの予防が大切です。皮膚の脂分が減りすぎるのも乾燥しやすい原因になりますので、過度の洗顔も控えましょう。肌荒れしてしまった場合は皮膚科での受診するとよいでしょう。

【ドクターからの一言】
肌荒れ・乾燥肌でお悩みの患者様は11月頃から急激に多くなってきます。入浴の際にできる予防策は、熱いお風呂に入らない・タオルなどで強く洗って刺激をしない・石鹸などを過度に使用しない。これらを守るのが基本的な予防となります。不明なこと、不安なことがありましたら、医師にお気軽にご相談ください。

新宿駅前クリニック皮膚科では、予約不要で保険診療をおこなっております。

PAGE TOP