手荒れ・西新宿の皮膚科 内科 は新宿駅前クリニックへ

〒160-0023新宿区
西新宿1-11-11河野ビル3F

新宿駅前クリニック

お問い合わせ

皮 膚 科

内 科

内 科

性病・泌尿器科

HOME ≫ 皮膚科 ≫ 手荒れ

手荒れ

手荒れとは、乾燥や手の酷使により、脂質が減少し手のひらや指に炎症をおこす病気です。
患者さんの多くは、ドラッグストアなどでハンドクリームを購入し使用していますが、症状が改善されない、または悪化するようでしたら、皮膚科への受診が必要となります。

手荒れの原因

水や洗剤など、様々な刺激によって手荒れを引き起こしてしまうケースが多く、特に主婦の方や、日常的にシャンプーをする美容師さんなど、手を酷使する仕事を持つ患者様に多くみられます。
また、皮膚の表面を保護する脂質が減少してしまう体質的なもの(乾燥肌)などにより、手荒れが悪化する傾向です。

手荒れの症状

手に発赤・びらん・乾燥などが生じます。
悪化すると、指先などに亀裂が入り、痛みを伴う赤切れの症状が出ます。
かゆみが出る場合もあり、かいてしまうと症状は悪化してしまいます。

手荒れの検査

特別な検査はありません。医師による視診が中心です。

手荒れの治療法

脂分と水分を補うための保湿剤(ヒルドイド、ウレパールなど)を処方します。こまめに塗ることで、患部に潤いが保たれ通常の手に戻ります。
また、炎症の状態や経過によって、深刻な場合はステロイド外用薬(アンテベート、ネリゾナ、マイザーなど)を処方することもあります。

手荒れ Q&A

手あれは、医学的には進行性指掌角皮症と言われ、特に主婦、美容師、飲食店員、銀行員などによくみられる皮膚の病気です。
原因は、水仕事や紙幣を扱ったりすることで、繰り返し指先に加わる刺激と考えられています。
そこで、手あれは、主に利き手の親指、人差し指、中指の指先から発症し、皮膚が乾燥して落屑(らくせつ)し、さらに硬くなってひび割れたり、指紋がなくなってしまったりします。
さらにひどくなると、両手のひら全体にまで広がってしまい、家事や仕事ができないほどになります。

手あれを起こしやすい人っているのですか?
手あれは、指先を使うことが多い人に見られますが、子どものころにアトピー性皮膚炎を患っていた方に多いようです。
つまり手あれは、生まれつき外からの刺激に弱い皮膚の持ち主に起こりやすいと言えるのです。
どうして手あれが起こるのですか?
手あれのメカニズムをお話しします。
通常皮膚は、皮脂(ひし)、天然保湿因子(てんねんほしついんし)、角質細胞間脂質(かくしつさいぼうかんししつ)という3つの物質によって一定に保たれ、保護されています。そして、手や指の皮膚は、外からの刺激が多い場所なので、他の部分の皮膚より皮脂を分泌する皮脂腺が少なく、代わりに角質層が厚くなって、保護をする仕組みになっています。
ところが、石鹸や洗剤などを使って頻繁に水仕事をしたり、紙幣を扱ったりして指先をよく使ったあとにお手入れをしないで放っておくと、角質層の水分が次第に失われていきます。
さらに指先に摩擦(まさつ)などの様々な刺激が加わることで、厚い角質層は弾力性を失いひび割れてきます。
これが手あれのメカニズムです。
手あれの症状を教えてください?
手あれの最初は、親指、人差し指を中心とした指先の軽い角化(かくか)、乾燥、指紋の消失などの症状です。
進んでくると、ほとんど全部の指に、乾燥、角化、落屑(らくせつ)が広がります。
さらに手のひらにも拡大してきます。
さらに放っておくと、赤みやかゆみを伴って小さな水ぶくれやひび割れができてきます。ここまでくると、手あれの段階を過ぎて、もはや手湿疹と呼ばれる状態です。
手あれを防ぐ方法はありますか?
家庭でできる手あれ対策は、何と言っても、手を大切にすることです。
例えば、木綿の手袋などで手を保護したり、水仕事の際にはゴム手袋をして洗剤などが直接触れないようにします。
また、何度も手を洗うと症状が悪化してしまうので、手の洗いすぎも要注意です。
そして、手を洗ったあとは必ず保湿剤などでうるおいを補いましょう。
とはいえ、家事や仕事で手を使わないわけにはいきません。
クリニックでは、症状に合った適切な塗り薬や、時としてかゆみや湿疹を抑える飲み薬を処方してくれます。
医師の指示に従いながら、上手に手あれと付き合っていくようにしましょう。

★★ 手荒れお悩み相談 ★★
<< ドクター アドバイス >>

(Q)
日々の生活で、どうしても水仕事をしなければならないのですが、手荒れを治すことはできますか?

(A)
家事をする際には、水仕事は避けて通れませんので、私たちがアドバイスできることは、水仕事を終えた後、できるだけ素早く柔らかい清潔なタオルで水気を取り、すぐに保湿剤を塗るということです。また、夜寝る前は、布団などでの摩擦で手荒れが酷くなってしまったり、薬がふき取られてしまうこともありますので、保湿剤を塗った後は、綿手袋などで保護してください。

【ドクターからの一言】
患者様の多くは「手荒れくらいで皮膚科に行くのは躊躇してしまう」と言います。しかし、手荒れも炎症という皮膚の病気です。市販薬(保湿クリームやハンドクリーム)などで治らない場合は、やはり皮膚科を受診するべきです。手荒れだと思っていたのが湿疹だったというケースも多くあります。また、手荒れが悪化し、赤切れになってしまった場合は、傷口から細菌が入る可能性もありますので、受診をおすすめします。手荒れ・赤切れは、不快感の強いものですし、痛みを伴うので、受診を躊躇する必要もありませんし、恥ずかしいと思う必要もありません。不安なことがありましたら、医師にご相談ください。

新宿駅前クリニック皮膚科では、予約不要で保険診療をおこなっております。ご自身の症状に合った塗り薬を処方しております。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP